薬キャリ (エムスリー m3)

キャッチコピー 薬キャリ (エムスリー m3)について

薬キャリ(エムスリー m3)の評判は?薬剤師の転職サイトで最大級規模の薬キャリを徹底解説!ほとんどの方が登録する薬キャリのメリットや特徴は?ログイン後の登録手順から転職希望者の転職先に望むBEST5を紹介

公開求人数 調剤 ドラッグストア 病院 企業
48,315 38,458 5,593 3,651 493
非公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
全国

おすすめポイント 1.業界トップクラス。40,000件以上の紹介求人数

薬キャリは豊富な求人数と情報量が魅力。自社が取り扱う求人と共に、ファルマスタッフやマイナビ薬剤師、メディウェルなど大手18社のサイトの求人も掲載しているため、幅広い条件での仕事探しが可能です。

運営元の 「エムスリー(m3.com)」は、医師だけでも登録者数20万人を超える日本最大級の医療情報サイト。そのため、医療関係の情報に優れています。 40,000件以上もの紹介求人を取り扱っているため、雇用形態、高収入、土日休みなどの条件だけでなく、ブランクのある方、未経験者、ママ薬剤師、キャリアアップなど、様々な希望に沿うことが可能です。

正社員でもバイトでもパートでも、さらには派遣を希望する人でも、全ての人に担当のエージェントが付きます。エージェントは膨大な量の求人から、あなたの希望にぴったり合った求人を見つけ出してくれます。1人ではなかなか自分に合うものを見つけることができないという人でも、エージェントに任せればスピーディ&安心です。

また、薬キャリは独自の「オーダーメイド求人」があります。担当者が求職者の希望地域にある全ての調剤薬局やドラッグストア、病院に電話をかけることで、求人には出ていない求人が新たに生まれることがあります。これを薬キャリでは「オーダーメイド求人」と読んでいます。担当者が薬局や病院に個別に確認を取ることで、それぞれの希望に合った求人を提案することが出来るのです。 このまだ見ぬ「オーダーメイド求人」を合わせれば、実際の求人は40,000件以上+αです。


おすすめポイント 2.「6ヵ月以内」の転職が目指せる!最短即日紹介もあり

薬キャリの長所のひとつが、対応の早さです。登録後は最大10件までの求人情報を、最短即日で紹介してもらえます。中には、登録した人だけが紹介してもらえる非公開求人や、担当者が手に入れたばかりの求人も。 利用者が薬キャリに相談に来てから入社が決まるまでの期間は、正社員で30日程度、パートで20日程度、派遣で10日程度です。

これだけの早さで転職を成功させる秘訣は、「電話」もしくは「メール」の対応に徹底しているところ。薬キャリは「直接の面談を行うための時間を多くの求人を探し、紹介する時間に充てる」という方針を持っています。

そのため、仕事をしている人、小さな子供がいる人でも転職活動をスムーズに行えます。直接会ってだと話しづらい年収や残業の話も、電話だと気兼ねなく言えるというメリットがあります。
「この求人いいな!」と思ったら、そのチャンスを逃さずに応募することをおすすめします。薬キャリの求人数は多いとはいえ、人気の求人はすぐになくなります。条件の良い仕事は当然離職率も低く、なかなか求人が出てきません。「また今度にしよう」と考えていると、もうそのような求人は2度と出てこないかもしれません。

具体的には「6ヵ月以内」の転職がベターです。半年以降でもいいやとのんびり構えていると、モチベーションも下がりますし、良い求人があっても「次がある」と見逃しがちです。短期間で勝負を意識することで、良い求人をキャッチできるはずです。 ぜひ、薬キャリでスピーディかつテンポのよい転職を目指してみてください。


おすすめポイント 3.転職活動をサポートしてくれるエージェントが付く

登録すると、無料で担当のエージェント(コンサルタントとも言う)に付いてもらえます。登録後にはエージェントから必ず連絡が入り、登録者の希望や要望を聞かれます。しっかりと伝えることができれば、それに沿った求人情報を最大10件紹介してもらえます。中には質の良い非公開求人もあるので、より良い条件での転職も期待できますし、条件交渉を行うことも可能です。

転職希望者は働きながら転職活動をする人が多いので、エージェントに動いてもらうのはとても効率的です。また、年収交渉など自分では言いにくいことも代わりに行ってくれるので、交渉のことで気を揉む必要もありません。エージェントは交渉のプロなので、1人で転職活動をするよりも年収が上がることが多くあります。

エージェントは医療機関や薬剤師業界に精通した人が多いので、利用者からの相談にも的確に対応してくれます。履歴書・経歴書の作成、面接対応から、各々の職場の雰囲気や職場環境、経営状況なども教えてくれるので安心です。サポートは手厚く、薬キャリで転職した人の94%近くが、エージェントの対応や、見つけてくれた求人に満足だったと答えています。

エージェントからの初めの連絡は、求人の希望や要望を伺うためのアポイントの連絡なので、都合の良い日時をあらかじめ決めておくと、やり取りがスムーズです。その後、登録者が求人の条件、希望や要望を伝え、エージェントが求人提案をするという流れになります。

登録後のエージェントからの連絡は絶対なので、転職の意思が固まっていない人、自分のペースで転職活動をしたいという人は、登録を待った方が良いかもしれません。


おすすめポイント 4.正社員、アルバイト、派遣紹介、あらゆる条件で探せる

正社員からアルバイト、パート、契約社員まで、様々な雇用形態で求人を探すことができます。また、「派遣社員」として登録して働くことができるのも特徴です。これは、「薬キャリ」と契約を結び、業務以上の指揮命令を派遣先から受けて働くという形になります。社会保険の加入や、交通費の支給も、薬キャリが請け負ってくれるので安心です。

短期派遣も可能ですし、後々正社員になりたいという人には「紹介予定派遣」という働き方があります。これは正社員を前提に働くことができる派遣契約で、契約終了後に派遣先と契約者の希望次第では社員にステップアップできます。色々な職場を体験したい、社員として働く前に職場の雰囲気を確かめたいという人にはおすすめです。

薬剤師の派遣ならば、時給で3,500円以上もらえることもありますよ!

また、薬キャリはバイトやパート、派遣にも担当のエージェントが付きます。薬キャリは正社員とパート、派遣で専門のエージェントがそれぞれいるので、最適なサポートを受けることが出来ます。 ヒアリングはとても熱心で、今までの転職の経緯や退職理由をしっかりと聞きます。その人の考え方や転職の希望を把握することにより、それぞれの求職者にぴったり合った求人を紹介することが出来るのです。


おすすめポイント 5.女性や主婦向けの求人が豊富

薬キャリの検索条件には「ママ薬剤師向け」、「産休・育休取得実績あり」など、女性や主婦に寄り添った検索条件が用意されています。このように、ママ薬剤師に優しい求人が多いのも薬キャリの特徴です。

また、薬キャリはこれまでの紹介実績によって、ママ薬剤師が仕事をしやすい職場のポイントを押さえています。事業所の雰囲気や、他にママ薬剤師がいるか、人員の体制、管理薬剤師が既婚か未婚かどうかまで、求人票に書いていないようなポイントも押さえます。 転職に不安を感じているママ薬剤師も、遠慮せずに気になることをコンサルタントに相談してみましょう。

「1日3時間から」、「週2日から」で、時給2,000円以上の求人情報も多くあるので、空いた時間を有効的に使いたい主婦や、子持ちのお母さんにもぴったりです。薬キャリは求職者のペースに合わせて提案を行うので、転職が初めての人でも安心です。無理に転職を進めたり、強引に求人を紹介したりすることは決してないので、「まずは相談してみよう」という軽い気持ちで登録してみましょう。

業界最大手の薬キャリだからこそ、経験豊富なエージェントが求職者に寄り添ったサポートを提供します。


おすすめポイント 薬キャリQ&A

登録してから転職するまで平均でどれくらいの時間がかかりますか?

ご登録後1ヶ月前後で内定が出ることが多いです。職場で退職の意思表示をしているか、お勤めの状況などにもよりますが、最短3日で就職された例もございます。

登録後、求人紹介までどのような流れになりますか?

1,電話またはメールで面談

専任の担当コンサルタントが「電話」または「メール」で転職の希望条件やお困りのことなどをお伺いします。 まだはっきりと転職の意志が固まっていない方、転職時期が決まっていない方、希望条件に迷っている方でも大丈夫です。コンサルタントがお話をお伺いして、ひとりひとりに合ったキャリアプランや働き方を一緒に考えさせていただきます。

2,求人のご紹介

お伺いした希望条件を元に、求人をご紹介します。 また、担当のコンサルタントがあなたの希望地域の調剤薬局やドラッグストア、病院に直接問い合わせ、希望条件とのすり合わせを行います。この時に、求人に出ていない新たな求人が生まれることもございます。

3,事業所の見学・面接

担当コンサルタントが紹介した求人の中で興味のあるものお教えください。こちらで職場見学や面接日の日程調整をいたします。

4,内定・入社

最終的な年収の確認・条件交渉、入社日の調整や、円満退社のためのアドバイスなどを行います。入社までに心配なことや疑問点がございましたら遠慮なく担当コンサルタントにご相談ください。

5,入社後フォロー

入社後も担当コンサルタントがサポートいたします。実際に働いてみて労働条件や職場環境に問題がないかの確認をします。もし入社前に聞いていた話と違うなどの問題があったら担当コンサルタントにご相談ください。こちらで調整をいたします。

どのくらいの求人を紹介してくれますか?

希望条件を確認してから、それに沿った求人を最大10件ご紹介いたします。

登録前に準備しておくことはありますか?

特に準備の必要はございません。 「転職するか分からないけれど、どんな求人があるのか知りたい」という方でも大歓迎です。ご希望エリアの求人や現在の転職市場の動き、転職するにあたって必要な情報がございましたら気軽にお申し付けください。

転職先が喜ぶ人材のポイントってどんなところですか?
※調剤薬局・ドラッグストア・病院・企業それぞれの視点でお答えいただけると助かります。

・調剤薬局

高いコミュニケーション能力とホスピタリティがあり、患者様それぞれに合わせた対応ができる方。

・ドラッグストア

調剤室での業務に加えて、OTCや日用品などが置かれたフロアでの接客業務もある為、患者様目線だけでなく、お客様目線でも考えることが出来る方。

・病院

より臨床の現場に近いところで、他の医療系の職種の方々と連携を取って勤務したいというお考えをお持ちの方。

・企業

最新の医薬品、医療業界の知識を深く学びたい方。また、ほとんどの場合その業務の経験があることが求められます。

転職希望者が転職先へ望むポイント・ベスト5は何ですか?
またそれはなぜだと思いますか?
例)1位:年収 2位:人間関係 3位:地域 4位:成長できる環境 5位:安定性

1位:年収

薬剤師の年収は役職がついたりポジション変更したりしない限り、上がりにくい部分があります。そのため、転職のタイミングで年収を引き上げたい人が多い傾向です。

また、2016年4月に実施された診療報酬改定によって、多くの事業所が収益悪化を避けられない状況に面し「人件費抑制」に着手するケースが増えました。これがきっかけで転職を考える薬剤師が増えたようです。

2位:就業時間 3位:休日

就業時間・休日などの就業条件については、ライフステージが変わっていく中で働き方を変える目的で見直す方が多くいらっしゃいます。最近では診療報酬改定の影響で「開局時間が伸びた」や「固定の曜日休みがなくなった」などの条件が変わったことへの不満も多く聞かれます。転職によって解決を望む求職者が多い印象です。

4位:場所

薬剤師は女性の割合が多いため、家庭と仕事の両立を図る目的で通勤時間を重視される方が多いようです。

5位:業務内容

業務内容に関しては、キャリアプランを考える中で「在宅の経験を積みたい」「複数科目を応需している調剤薬局で働きたい」といった、業務に関する具体的なご希望がその内容になります。

これから将来的に薬剤師に必要なスキルや知識って何かありますか?

これからの薬剤師にとって重要なことは、地域医療にも積極的に関わり、人々から必要とされる役割を引き受けることです。これまでのように処方箋を待ち、受け身の調剤をこなすだけの薬剤師(薬局)は淘汰されていきます。地域のかかりつけ医など、他の職種と連携して幅広い取り組みを行う薬局(薬剤師)が求められる時代になりました。

実際に、国は今回の診療報酬改定で「かかりつけ薬剤師」制度を施行し、2025年までに全ての薬局をかかりつけ薬局にするとまで言及しています。 いわゆる門前薬局から患者に選ばれる薬局(薬剤師)への転換が求められているわけです。 そのためには、積極的に地域医療に貢献する姿勢や、患者さんとの信頼関係を築くためのコミュニケーション能力、また在宅業務の経験等が重宝されると考えられます。

薬剤師不足が未だに解消されない理由や問題はどこにあると考えられますか?

その原因は、主に需要の拡大と地域偏在にあると考えられます。 調剤併設ドラッグストア・調剤チェーン店の新店舗オープンや、2016年調剤報酬改定による対面業務の増加、在宅業務需要の拡大。たとえ毎年1万人近くの薬剤師免許合格者が輩出されたとしても追いつきません。 また人口の集中する都市部では比較的薬剤師数が確保できていますが、地方になればなるほど薬剤師が不足する地域偏在の傾向も根強くあります。都市部に比べ、個人経営の多い地方では採用活動に力を入れることが難しく、退職者の穴を埋められないことも少なくありません。地方の薬剤師不足は深刻な問題です。

スペシャルインタビュー

おすすめコンテンツ