薬剤師が転職を考えるきっかけとは?

薬剤師が転職を考えるきっかけとは? 薬剤師応援コラム|キャリアフィールド 薬剤師転職比較
薬剤師の仕事は、自分の知識と技術などを活かして働くことができ安定した収入が得られると一般的には考えられているようですが、何らかの問題を抱えそれが原因となって転職をする人もいます。薬剤師が転職を考えるきっかけとはどんなことなのでしょう?理由はさまざまですが、代表的なものを3つご紹介します。

意外と人間関係がきっかけになることも
薬剤師転職コラム薬剤師が転職を考えるきっかけの1つ目は、人間関係です。薬剤師に対して技術職のようなイメージを持っている人は意外に感じるでしょうが、薬剤師も上司や同僚さらには顧客との人間関係で悩むことがあります。特に、小規模の薬局などで働く場合は、職場の人間関係が固定される傾向が強いため、自分の力で現状を打開するのは限界があると感じるケースも多いでしょう。そのため、職場での人間関係の悩みを転職によって解決するのが有望な選択肢となってくるのです。人間関係のストレスは病気などにつながるリスクも高く、転職によって根本的な解決をしようと考えることが転職のきっかけになるようです。

もちろん給与面も大事
薬剤師転職コラム薬剤師は国家資格です。専門的な知識も必要とされる仕事ですので、一般的には安定した収入が得られるといわれています。その点をメリットと感じて、薬剤師になった人もいるでしょう。ただし、働いている業種や薬局の規模によって同じ薬剤師でも給与面で差があるのは事実です。そのため、給与水準の改善を狙って転職する人がいます。同じ薬剤師仲間で自分より多く給与をもらっている人の話が耳に入ることがきっかけで、転職を決意することもあるようです。同じ仕事をするのであれば、給与面での待遇が良い方が望ましいと考えるのは普通のことでしょう。特に薬剤師の場合は、仕事内容に大きな差がないと考えられる分、自分の給与が低いとより不公平感を感じやすくなり、転職への思いが強くなる可能性があるでしょう。

将来を見据えたスキルアップを気にする人も
薬剤師転職コラム従来は、薬剤師の仕事というと調剤薬局で処方箋に従って薬を選んだ上で患者に説明するのが中心でした。しかし、近年は、薬剤師のキャリアアップの選択肢が大きく広がってきています。例えば、臨床薬剤師として医療現場に立ち医療チームの一員として働く方法もありますし、薬剤知識を活かして独立し、インターネットでの情報提供やコンサルタント事業を行うことも不可能ではなくなりました。また、高齢者への医療や介護を支えるニーズが増加したことにより、在宅医療・在宅介護の場での活躍の可能性も広がっています。

↓↓大手比較サイトが集合↓↓

エリア別おすすめ

地図 北海道 北海道 東北 東北 関東 関東 北陸・甲信越 北陸・甲信越 東海 東海 関西 関西 中国・四国 中国・四国 九州 九州

おすすめコンテンツ