薬剤師の需要と供給バランスってどうなの?

薬剤師の需要と供給バランスってどうなの? 薬剤師応援コラム|キャリアフィールド 薬剤師転職比較
病院や薬局などで普段お世話になることが多い薬剤師ですが、薬剤師は人手不足なのでしょうか。将来薬剤師を目指そうと考えている人は、今後どのような仕事のニーズがあるのか気になる人も少なくないでしょう。

今日本にはどのくらいの薬剤師がいるの?
薬剤師転職コラム薬剤師として登録している人は31万人といわれています。新たに毎年薬剤師となる人は8,000人です。2003年度より、薬剤師国家試験を受けるために必要な薬学部での履修期間が4年から6年になりました。その影響で今後の薬剤師資格取得者数は多少の変動が予想されます。厚生労働省が公表している数字では、薬剤師の供給数は2009年に33万人を超えます。2011年度は薬学6年制への移行の影響を受けるために32万人台になりますが、2028年には40万人を超えると予想しています。薬剤師の資格取得者は将来的には増加傾向にあるといえます。

今後の需要・供給バランスはどうなる?
薬剤師転職コラム将来の薬剤師の需要と供給はどのような展望になるのでしょうか。厚生労働省の予測によると薬剤師の職場の8割が病院と薬局であることは変わらないとしています。その他の職場などの予測を加味すると薬剤師の需要数は2028年には27万人になるとしています。一方で2028年には40万人を超える薬剤師が存在している予定です。これらの数字から比較してみると、2028年度には13万人の薬剤師が過剰に存在することになります。現時点では薬剤師資格取得者の余剰感が少ない需要・供給バランスであったとしても、将来的には薬剤師資格取得者が仕事を探すときには競争率が高くなることが考えられます。

今後のためにどんなスキルを身につけることが必要になる?
薬剤師転職コラムこれから薬剤師の資格取得を目指そうと考えている人にはどのようなスキルが必要になるのでしょうか。他の薬剤師との差別化を図ることが大切です。8割の薬剤師が医療の現場で仕事をしている現状から考えると、製薬会社などで仕事の経験を積むのもひとつの方法です。一般企業で職務経験を積んでいる薬剤師の割合が少ないため、その経験が活かされることもあります。さらに、語学のスキルを身につけることで新たな可能性が広がります。外資系の製薬会社などでは薬事申請などで英語を使うことがあります。また、医療系企業で管理薬剤師の求人も見つけられるでしょう。これらはあくまでも例にすぎませんが、難関国家資格を取得していますので、目線を少し変えてみるだけで活躍できる職場の選択肢は広がるのではないでしょうか。

↓↓大手比較サイトが集合↓↓

エリア別おすすめ

地図 北海道 北海道 東北 東北 関東 関東 北陸・甲信越 北陸・甲信越 東海 東海 関西 関西 中国・四国 中国・四国 九州 九州

おすすめコンテンツ