薬剤師転職コラム

病院の薬剤師 国公立の病院と民間の病院どっちが良いの?

病院の薬剤師 国公立の病院と民間の病院どっちが良いの? 薬剤師応援コラム|キャリアフィールド薬剤師転職
薬剤師が病院に勤務する場合、国公立病院と民間病院という2種類の就職先があります。どちらも若手薬剤師にとって人気の職種ですが、国公立と民間とで待遇や仕事内容の違いはあるのでしょうか。それぞれのメリット・デメリットを知って、就職活動に役立てましょう。

給与面は?
薬剤師転職コラム一般的に病院薬剤師は、調剤薬局やドラッグストア、製薬会社と比較すると年収が低い傾向にあります。それに加えて、国公立病院と民間病院との間にも年収の差があります。まず国公立病院の場合は、薬剤師は公務員としての雇用になるため、初任給は20万円前後と低めのスタートです。しかし定期昇給があり、福利厚生や各種手当も付与されるため、トータルでみると安定した待遇であるといえます。一方で民間病院の薬剤師は、公務員のように一律の目安があるわけではないため、給与や福利厚生の条件は病院ごとに様々です。傾向としては初任給が20万円前後、役職者としての昇給があった場合は年収の増加が見込まれますが、役職がつかなかった場合は初任給を大幅に上回る年収が期待できない可能性があります。

身につくスキル面は?
薬剤師転職コラム国公立病院も民間病院も、基本的に薬剤師の仕事内容は同じで、医師の指示をもとに調剤や服薬指導を行います。むしろ病院の規模や、総合病院か専門病院かなどの違いが、業務内容に大きく関わります。入院施設を備えた総合病院であれば、様々な疾患に関わったり、入院患者に対する病棟業務を経験したりすることがあります。一方で専門病院であれば、1つの分野に対して腰を据えて専門知識を蓄積することができます。ただし国公立病院勤務の薬剤師は公務員であるため、保健センターや都道府県庁などに異動することがあり、その場合は病院薬剤師以外の仕事も経験することになるでしょう。

安定性は?
薬剤師転職コラム雇用の安定性であれば、公務員である国公立病院薬剤師の方が、制度的に確保されているといえます。ただし民間病院でも、雇用条件によっては安定した昇給や手当が望めるため、就職希望先の提示する条件を吟味してみると良いでしょう。国公立病院は採用されれば安定的な就労ができますが、募集人数が少ないため競争率が高いという点も注意しておきましょう。また職務内容の安定性でいえば、異動の可能性がある国公立病院では、長期間に渡り1つのスキルを磨く機会がない場合があります。このように国公立病院と民間病院とでは、得られる収入や経験に様々な違いがあるため、事前に理解しておくことが大切です。

↓↓大手比較サイトが集合↓↓

japanmap

おすすめコンテンツ