薬剤師転職コラム

薬剤師っていつ頃に転職するのが良い?

薬剤師っていつ頃に転職するのが良い? 薬剤師応援コラム|キャリアフィールド薬剤師転職
薬剤師に限らず、多くの社会人にとって転職は人生の大きな岐路となります。それだけに失敗は是が非でも避けたいところ。転職はタイミングを見計らったうえで慎重に進めていくものです。薬剤師の転職は一般社会と同じところもあれば違うところもあります。今回はそんな薬剤師の転職についてのベストなタイミングと注意点について見ていくことにしましょう。

薬剤師って働いてからどのくらいの期間で転職してOK?
薬剤師転職コラム転職の際に気になるのは、今の職場でどのくらい働いていれば転職してもOKになるのかということではないでしょうか。薬剤師の世界では、一般の社会人と比べると勤続年数が短めです。その平均勤続年数は約3年であり、5年目、10年目と節目の年にも転職を考える薬剤師が増えていきます。こうした事例を考えると、やはり最低でも3年は勤続した上で転職を考えるのが適切といえるのではないでしょうか。勤続年数が短すぎると転職にも不利に働いてしまうことがありますし、一定の経験を積んでいた方が転職活動でもアピールしやすいでしょう。

転職するなら1年の中でどの時期が良い?
薬剤師転職コラム薬剤師の転職には、1年の中で求人数の多い時期と少ない時期とがあります。転職するからにはより選択肢が多い方が良いものです。そのため、求人数の多い時期は転職に適したタイミングだといえます。たとえば、7月や12月ごろのボーナスの時期や、9月や3月などの決算期などは退職者が増える時期であり、それにともなって求人数も多くなります。こうした時期に転職活動をすれば、より良い求人を見つけやすく、効率よく転職活動することができるでしょう。ただし、求人数が多い時期は転職活動をしている人もそれに比例して増えます。つまり競争力は高くなる傾向にあるため、必ずしも理想的な職場に出会えるわけではないことに注意しておきましょう。

転職活動期間はどのくらいを考えておくべき?
薬剤師転職コラム転職は自分だけのタイミングで決められるものではありません。理想の職場が見つかるまで根気よく続ける人もいますし、簡単に良い求人を見つけてすぐに転職を決めてしまう人もいます。薬剤師が転職活動にかける期間はだいたい2か月から3か月程度です。ただし、円満に今の職場を退職して次の職場に転職するためには、ある程度の余裕をもって転職活動を進めていった方が良いかもしれません。今の職場を退職する際は仕事の引継ぎをしなければなりませんし、転職によって抜けてしまった人材を新しく確保するためにも時間がかかるものです。退職するから自分は関係ないと思ってギリギリに転職の報告などをすると、今の職場に大きな迷惑をかけてしまうこともあります。そうならないためにも、できるだけ時間に余裕を持って転職活動ができると安心です。

↓↓大手比較サイトが集合↓↓

japanmap

おすすめコンテンツ