薬剤師転職コラム

年収・月収にも影響?薬剤師に求められるスキルアップとは

年収・月収にも影響?薬剤師に求められるスキルアップとは 薬剤師応援コラム|キャリアフィールド薬剤師転職
薬剤師の年収を決める大きな条件の一つにスキルアップが挙げられます。ドラッグストアや調剤薬局が増え、在宅医療が推進される中で、薬剤師に求められる仕事の幅も広がりました。薬のスペシャリストである薬剤師ですが、それ以外に求められるスキルとは一体何でしょうか。ここでは薬剤師が年収・月収アップする方法として取り入れられているスキル・能力についてご紹介します。

店舗運営の中核を担う!コミュニケーション能力に長けた薬剤師
薬剤師転職コラム 薬剤師の仕事は調剤だけではなく、患者に対して服薬指導や健康相談などの接客も含まれています。そのため、意外と重要視されるスキルが「コミュニケーション能力」とされており、このスキルの有無が薬局の評価や売上などに大きく関わると考えられています。増え続けるドラッグストアや調剤薬局の中で生き残るためには、薬剤師個人の持つコミュニケーション能力が薬局の評判を決める重要なポイントと言えるでしょう。

また、年収交渉においてもコミュニケーション能力は有利とされており、既定の年収に加えて20万円~50万円ほど年収アップしたケースも報告されています。コミュニケーション能力に長けた薬剤師に求められるものは多いとされ、薬局の運営の要である接客のみならず、職場の人間関係を円滑化する役目も求められます。

こうして生まれる調和は店舗全体の運営を安定させ、売上や評価といった実際の成果に結びつくことから、コミュニケーション能力に優れた薬剤師のニーズは特に高いとされています。

管理職に就くなら必須!薬剤師のマネジメントスキル
ドラッグストアや調剤薬局など店舗経営においてコミュニケーションと並んで欠かせないスキル、それが「マネジメント能力」です。薬剤師が年収額を上げる方法の一つに「管理職へのキャリアアップ」があり、これには店舗やスタッフといった組織の管理能力が求められます。ドラッグストアの店長や調剤薬局の薬局長などが該当し、どの職場でも一定のニーズがあるため、年収の交渉も比較的行いやすいようです。その額は既定の年収に加えておよそ50万円~100万円とされています。

仕事内容は店舗全体の管理業務となります。スタッフの労務管理や医薬品の発注を行い、製薬会社や病院とのやり取りもすべて行わなければなりません。店舗の経営を支えるスタッフの管理も大きな仕事とされており、職場環境を整えてスタッフ間の関係を取り持つことは業務をスムーズに進める上で欠かせません。

また、マネジメント能力に長けていると、その薬剤師の実務経験が豊富であることの裏付けともなり、上長や経営者への印象も良くなることに加えて高い評価を得やすいともされています。
意外?年収アップにつながりにくい「資格」
薬剤師転職コラム スキルやキャリアアップで真っ先に思い浮かぶのが「資格」ではないでしょうか。薬剤師にも専門とされる資格がいくつか存在しますが、実際の現場において資格はそれほど優遇されていないようです。その理由は、薬剤師の能力は実務で培われた知識や経験が重視されており、その職場で必要とされる能力をいかに発揮できるかによって決まるためです。

本来薬剤師は薬に特化した専門職ですが、診療科や部門によって取り扱う医薬品や作業も異なります。そのため、何かに特化するよりは総合科目の薬局など、より広範で多くの医薬品を取り扱う職場で実務経験を積む方が、転職や年収アップを考えた際に有利です。
薬剤師のスキルアップにおいて重要なポイントが「コミュニケーション能力」と「マネジメント能力」の2つです。どちらも店舗経営を円滑化し、売上や評判につなげる上で必須のスキルとされていますが、こうしたスキルは筆記試験などで身に付くものではなく、実務によってのみ培われるものです。

どちらも簡単に身に付けられるものではなく、始めからすべてを実行するのは至難と言えます。そのため、日頃から少しずつスタッフや患者との信頼関係を高め、チームとして仕事にあたっていく工夫をしていくことが年収アップにつながる一手となります。

↓↓大手比較サイトが集合↓↓

japanmap

おすすめコンテンツ