薬剤師転職コラム

薬剤師の職場とお仕事〜病院編〜

薬剤師の職場とお仕事~病院編~ 薬剤師応援コラム|キャリアフィールド 薬剤師転職比較
「薬剤師」のお仕事は、職場により仕事内容が多岐にわたります。ここでは代表的な4種類の職場と仕事内容をご紹介していきます。
薬剤師の就職先は、大きく3つに分かれます。まずは病院や調剤薬局などの医療施設、2つ目がドラッグストア、そして製薬会社などの企業です。このうち最も一般的なのが医療施設で患者さんに薬を供給する働き方です。
まずは病院で働く薬剤師の仕事内容とメリットをご紹介します。

仕事内容
患者さんの治療にあたるチームの一員として、医師や看護師と連携しながら、薬の専門家として患者さんに薬を供給する病院勤務の薬剤師。仕事内容は病院に入院・来院する患者さんに、医師の処方箋に応じて薬を提供することや、服薬指導がメインとなります。注射液や消毒液などの調剤を行ったり、医師や看護師に薬の専門家としての提言を行ったり、病院内の医薬品の管理をするのも病院薬剤師の重要な仕事です。
職場の魅力
・患者さんの回復を見守ることができる
患者さんの回復の経過を見守ることができ、完治して退院するケースに携わることができるのも大きな魅力です。患者さんやその家族から、直接感謝の気持ちを伝えられることもあります。
・最先端の医療に携われる
病院は急性期の患者さんも多いため、最先端の医療に携われるというメリットがあります。薬剤師の職能を生かしながら、最新の知識やスキルを吸収することができます。
・病院全体の医薬品を管理
病院内のすべての薬を管理するため、責任もありますがやりがいも充分あります。医薬品の成分・効能だけでなく、副作用や在庫金額、仕入先などにも熟知して、患者さんの治療をサポートしていきます。
最近、病院薬剤師の中でも人気があるのが、病院の中の病棟に特化して働く「病棟薬剤師」です。各病棟で医師の代わりに薬の飲み残しがないかを確認したり、適正使用の促進をしたりします。患者との接点が多いのが人気の理由です。
また、専門科目を扱っている病院では、精神科専門薬剤師、ガン専門薬剤師、感染制御専門薬剤師などの専門的な知見を得ることができます。薬剤師にも専門領域での最新の知識・技能が求められるようになっており、専門的な知識の向上が望めます。
病院の大変なところ
・人間関係の構築が大切
患者さんだけでなく、医師や看護師、病院スタッフと連携して仕事をするため、高いコミュニケーション能力が求められます。こういった人間関係がストレスになってしまうこともあるようです。
・他の職場に比べて年収相場が低め
製薬会社と比べると、年収相場が低めとされています。また重大で幅広い職務にあたるケースが多いため、収入面の不満が出てしまうことも。
・夜勤と日直当番がある
病院薬剤師は基本的に4週8休で働き、オンコールなど不規則な勤務も多いのが現状です。特に急性期型の病院では、休日出勤や当直勤務も多く、休みは多くない傾向にあります。
病院薬剤師のキャリアパス
大きく分けて2つのキャリアパスがあります。まず1つ目はガンや感染制御などの専門薬剤師を目指す道です。2つ目は、薬物療法全体に詳しいジェネラリストとして、地域医療に貢献していく道です。どちらの道も、薬剤師認定制度を利用してキャリアアップしていきましょう。代表的なものとしては、基礎薬学、薬事法などの知識が問われ、その時代に即した薬学的ケアの知識を証明する「研修認定薬剤師」などがあります。
病院薬剤師に向いている人
・コミュニケーション能力を生かし、チームの一員として働きたい人
・常に最先端の医療現場で学んでいたい人
・重大な責任のある仕事に、日々やりがいを感じられる人
病院薬剤師の一番大きな特徴は、臨床の現場で直接患者さんの健康に関われることです。 医療チームの一員として働くため、コミュニケーション能力を生かしながら働きたい人にも適しています。常に最新の知識を吸収しながら、最先端の医療現場で治療に貢献していることを感じて働くことができるでしょう。

↓↓大手比較サイトが集合↓↓

エリア別おすすめ

地図 北海道 北海道 東北 東北 関東 関東 北陸・甲信越 北陸・甲信越 東海 東海 関西 関西 中国・四国 中国・四国 九州 九州

おすすめコンテンツ