薬剤師転職コラム

薬剤師の職場とお仕事〜調剤薬局編〜

薬剤師の職場とお仕事~調剤薬局辺~ 薬剤師応援コラム|キャリアフィールド 薬剤師転職比較
医師が処方した処方箋を持参した患者さんに対して、処方箋に基づいて薬を調剤し、服薬指導するのが調剤薬局薬剤師の仕事です。調剤薬局の薬剤の仕事内容やメリットなどをご紹介します。

仕事内容
処方箋を持参した患者さんに対して薬を調剤し、服薬指導するのが調剤薬局薬剤師の主な仕事です。また、調剤薬局ではOTCと呼ばれる一般医薬品の販売も行います。調剤薬局には、病院の前に立地する門前型と、地域で展開する面対応型の2種類があります。病院の前に立地する調剤薬局では、特定の疾患の薬に詳しくなることができます。一方、地域で展開する調剤薬局では地域住民との距離が近いため、顔なじみになるという特徴があります。高齢化が進む近年は、地域医療のチームの一員として、医師や看護師、ケアマネージャーと連携しながら、患者の自宅を訪問し、服薬指導や生活指導を行うこともあります。複数の医療機関に通院している人でも、調剤薬局は「かかりつけ薬局で」という患者さんも多いです。このため薬歴をしっかり確認しながら、飲み合わせの問題がないかどうか患者さんの健康を薬の面から専門家としてトータルでサポートしていくのが調剤薬局薬剤師の仕事です。
職場の魅力
・患者さんと直接触れ合える
薬を受け取りに来た患者さんと会話をしながら、直接コミュニケーションが取れます。面対応型の調剤薬局では、その地域の人が来るので顔なじみになることもあります。
・処方箋薬の知識が深くなる
病院が処方する薬に対する知識が深まるので、的確な服薬指導ができるようになります。近くの病院の診療科目が皮膚科などに限られている場合は、特定の分野の知識を掘り下げることができます。
・ワークスタイルが柔軟
調剤薬局は病院と違い、営業時間が決まっていることがほとんどでシフト制のところも多いです。このため結婚・出産などを経てもパートやアルバイトとして勤務が可能です。
調剤薬局の大変なところ
・薬歴から飲み合わせに注意が必要
地域密着型の調剤薬局では「かかりつけ薬局」として患者さんと顔なじみになっているケースも多く、薬歴を見ながら、飲み合わせや副作用がないかチェックする必要があります。
・家族との関係が大切なケースも
患者が高齢な場合、服薬指導だけでなく生活環境に対する助言を行うこともあります。このため、面倒を見ている家族との関係が大切になることもあります。
・患者さんの病状を読み解く
医師の処方箋や、患者さんとの会話の中から、普段の患者さんの生活習慣や現在の病状について読み解かなければなりません。このため自ら積極的に患者さんとコミュニケーションをとることが大切です。
調剤薬局薬剤師のキャリアパス
調剤薬局では、経験を積み管理職となるのがキャリアパスとして一般的な道です。会社によりキャリアは異なりますが、管理職になる道と薬剤師のプロを目指す専門職の道の主に2つの道があります。管理職の場合、調剤薬局の運営について学び、店舗責任者になって売上管理なども行なっていきます。一方、薬剤師のプロを目指す場合は、薬に関してのより深い知識を身につけ、後輩の指導を行います。 求人の状況としては、幅広い年齢層を対象として多くの求人募集が出ています。常勤薬剤師だけでなく、若手の管理薬剤師の求人や、研修が充実している薬局の未経験薬剤師の求人、年収600万円以上の高収入求人も出ており、新しい職場で新しいことにチャレンジするチャンスも広がっています。
調剤薬局薬剤師に向いている人
・人と密接な関係と築ける人
・聞き上手な人
・世話好きな人
調剤薬局は、地域に密着して医療に貢献できる職場です。今後、ますます高齢化が進む中で、服薬指導だけでなく、患者さん一人一人のライフスタイルと健康を守ることも求められていきます。患者さんとの距離が近く、生活習慣についても知る必要があります。このため人と密接な関係を築いていける人に向いている職場と言えるでしょう。人の話を親身になって聞くとこができる人にも向いている職場です。

↓↓大手比較サイトが集合↓↓

エリア別おすすめ

地図 北海道 北海道 東北 東北 関東 関東 北陸・甲信越 北陸・甲信越 東海 東海 関西 関西 中国・四国 中国・四国 九州 九州

おすすめコンテンツ