薬剤師の年収を決める要因とは?

どの職種においても長く務める上で重視される点が年収や月収です。薬剤師は数ある職種の中でも比較的年収が高額とされ、将来的な安定にも優れた職種として知られています。最近では高齢化社会による在宅医療の推進に伴い、さらに薬剤師のニーズが高まることが予想されており、今回はこうした薬剤師のニーズや必要とされる技能など、その年収を決める要因とは何かについてご紹介します。

 ニーズで変わる薬剤師の年収

年収を決める要因の一つ、それが「薬剤師のニーズ」です。一般に薬剤師の年収は高額と考えられがちですが、実際のところ給与額は薬剤師のニーズによって左右されるため必ずしも高額とは限りません。平均年収は520万円~600万円と幅があり、職種や勤務先によっても違いがみられます。それでは薬剤師のニーズとはどのような場合に高まるのでしょうか。
最もシンプルな例で言うと、薬剤師を必要とする企業が増えた場合が挙げられます。需要が高まる中で供給が不足すると、企業はより良い雇用条件を提示して優れた薬剤師を求めます。このことが結果として年収の増加につながるというのが一定のルールとして挙げられます。
逆に薬剤師を求める企業が減ると、需要に対して供給過多の状態となるため、薬剤師が余る結果となります。これにより企業は少しでも安く、優れた薬剤師を得ようといった流れが出来てしまうことから、年収の減少が起こるようです。

 今後も高まると予想される薬剤師のニーズ

高齢化社会による在宅介護や増えるドラッグストアや調剤薬局といった流れから、薬剤師の需要はまだまだ下がることなく続くことが予想されています。供給過多による薬剤師の将来を不安視する声も聞かれますが、勤務先となる地域や職場によって状況も異なり、地方では薬剤師の不足に悩む地域もあるとされています。
薬品のスペシャリストであることから、今後はさらに薬剤師の活動の場が広がることも予想されています。主な職場となる病院や薬局の他に、製薬会社や化学製品の製造会社、そして女性には欠かせない化粧品会社など、人体の安全が第一とされる現場においては薬剤師の持つ知識・経験は価値が高く、優れた薬剤師を求める企業は少なくありません。

 高年収を目指してキャリアアップを図る薬剤師も

もう一つの年収を決める要因が「キャリアアップ」です。今後増えていくと予想される活動場所に比例して、薬剤師のニーズも自然と高まっていくとされていますが、こうした時代の流れに乗るためには薬剤師自身のスキルやキャリアアップが求められることも忘れてはいけません。
薬に関する知識だけでなく、薬剤師には調剤や服薬指導といった患者とのコミュニケーション・メンタルケアといった知識も必要とされます。接客はもちろん、健康相談や医薬品に関する情報提供など、薬剤師には医療全般における対応が求められるようになるでしょう。
こうした流れを受けて、薬剤師の中には将来的な年収・月収アップを図ろうと考える人も増えているようです。「グローバル化が進む中で必要とされる英語力を身に付ける」、「在宅医療について学び、現場での対応力を身に付ける」といった自己研さんに励んでおくことが、薬剤師の今後を決める大きなファクターと言えます。

医療を取り巻く環境の変化に応じて、薬剤師の待遇も自然と変わります。増えるドラッグストアや調剤薬局により薬剤師の数が不足することから、より良い待遇で薬剤師を招きたいと考える雇用主も多いとされており、こうした情勢が薬剤師の年収に影響を与えます。
ニーズが高まると予想される中でも、個人に求められる知識や経験も多くなるため、スキルアップを欠かすことはできません。さらに、増えることが予想される在宅医療の現場で、必要とされる仕事に対してどれだけ幅広く対応できるかも薬剤師の年収を決める大きなポイントと言えるでしょう。

↓↓大手比較サイトが集合↓↓
ranking

おすすめコンテンツ