薬剤師の役職で異なる年収と月収

病院や調剤薬局に製薬会社、そしてドラッグストアなど医療の現場には必ず存在する薬剤師ですが、薬剤師にはその役割に応じた役職が存在することはご存じでしょうか。代表的な「管理薬剤師」を始めとして「薬局長」や「登録販売者」、そして「店舗管理者」など、薬剤師には職場の役割に応じた複数の役職が存在します。それぞれに求められる仕事内容や責任は異なり、これが年収の違いにもつながっていることから、キャリアアップを目指す人にとっては大きな目標とされることもしばしば。今回は上記4つを含む、役職と年収の関係についてご紹介します。

 各役職の年収・月収・ボーナス

薬剤師が担う役職の中で最も高年収を獲得しているのが調剤薬局の「部長・課長クラス」の薬剤師です。その額はおよそ915万円、月収は約60万円、そしてボーナスは230万円前後とされており、本社管理職ほどともなるとその年収は800万円~1,000万円になります。月収は50万円~60万円前後であることが調査によりわかっており、薬局の主任クラスだと年収が300万円~350万円、月収は20万円前後です。
調剤薬局には経営において欠かすことのできない「管理薬剤師」が存在します。その年収は約50万円、月収は30万円以上、そしてボーナスはおよそ125万円と報告されており、身近な調剤薬局の管理者であることから、薬剤師が目指すキャリアアップとして考えられることも多い役職です。調剤薬局はこのように役職が多いため、年収の幅が広く自己研さんによる給与の増額を狙う人も少なくはないようです。
病院での処方、服薬指導が主な仕事となる「病院薬局長」が年収830万円近く、月収が50万円以上でボーナスは210万円程度となっており、調剤部門長だと年収550万円~600万円、月収が35万円前後です。薬剤師主任だと400万円から450万円程度の年収で月収は30万円前後とされています。
最新の薬学情報をベースに医療発展に貢献する「専門薬剤師」と、職務遂行に必要とされる能力を有する「認定薬剤師」はほぼ同額の結果となっています。年収はおよそ630万円、月収は約40万円、そしてボーナスは160万円程度で、前述の部長や課長クラスと比べると200万円から300万円ほどの差が見受けられます。
現在増えつつあるドラッグストアですが、ここでは店長や管理者、そして「登録販売者」が従事しています。それぞれの年収は店長が約800万円、管理者が約700万円、販売員が約500万円となっており、場所によっては調剤薬局や病院の薬局に近い年収を獲得できる店舗も存在するようです。
さらに医薬品の製造元となる製薬会社にも部署に応じた役職が複数存在しており、その中でもひときわ目立つのが医薬情報担当者と呼ばれる、通称「MR」です。その年収は800万円~1000万円を超えるケースもあり、製造された医薬品の品質や効果、そして安全性についての情報収集や提供といった重要な役割を担うことから大きな責任を伴う役職とされています。続く「開発」や「研究職」の場合は年収は700万円となっており、調剤薬局等と比べて激務であることが知られています。

 将来のライフスタイルを見据えて

薬のスペシャリストで知られる薬剤師といえば、その職場は調剤薬局と考えがちです。しかし、実際にはその事業規模や職場、業務によって多く役職が分かれており、その年収や月収も異なることがお分かりいただけたと思います。給与額が高額になればなるほど必要となる知識や経験も増え、業務量による負担も大きくなることが知られています。反対に調剤薬局などの店舗によってはライフスタイルを優先できるなど、女性に優しい職場も存在することから、今後も高まるニーズと一定の人気を誇る職種と言えそうです。

↓↓大手比較サイトが集合↓↓
ranking

おすすめコンテンツ