広がる薬剤師の職場と年収の関係

高齢化社会の進行に伴い、政府の方針も追い風となって進行している在宅医療。本来、病院や調剤薬局のほか製薬会社での勤務が主となる薬剤師ですが、前述した社会情勢によってさらに地域に根差した業務が望まれるなど、その活動幅は広がりつつあります。
その専門性とニーズの高さから、他業種に比べて高収入で将来的に安定している仕事としても知られている薬剤師ですが、その年収や月収は職場によっても異なることをご存じでしょうか。ここでは薬剤師の職場とその給与の関連についてご紹介します。

 医療を取り巻く環境の変化に応じて高まる薬剤師のニーズと待遇

薬剤師が活躍する職場は大まかに分けて「病院」、「調剤薬局」、「ドラッグストア」、「製薬会社」の4つに分けられます。病院や調剤薬局では医師の発行した処方箋に従い、薬剤師が患者へ医薬品を提供を行います。また、ドラッグストアでは多くの医薬品を取り扱っており、中には薬剤師が存在しなければ販売できない「第一類医薬品」が存在します。
OTC医薬品の普及に伴い、ドラッグストアでも薬剤師のニーズが高まりつつあるようです。さらに、薬の開発や製造にも密接なかかわりを持つことから、製薬会社や大学といった研究機関でも欠かせない存在として知られる薬剤師。このように活躍の幅が広く、専門知識が必要とされることから各機関・組織において長く雇用される特徴があり、こうした特徴から雇用の安定性や給与面での待遇の良さが周知されることとなりました。

 薬剤師の職場別のおける年収

さまざまな職場で活躍する薬剤師ですが、勤務先によってその年収には幅があるようです。
最も高年収とされているのは「製薬会社」の推定650万円です。研究職であることから他の職場に比べ激務で仕事内容も多岐にわたり、また負う責任も大きいことが年収に反映された結果と言えるでしょう。次いで病院が約580万円となっており、実際に患者への調剤や服薬指導が主な業務内容となっています。民間の病院に比べて国立の場合は公務員と同様、将来的な年収が伸びやすい傾向にあるようです。
薬剤師の職場といえば「調剤薬局」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。実際に多くの薬剤師が勤務する職場としても知られており、その年収は推定で500万円~550万円とされています。女性が大半を占めるとされる薬剤師ですが、調剤薬局は他の職場と比べて時間的な自由がききやすく、働きやすいことでも有名です。土日が休日で残業がない薬局も少なくはないとされており、年収額の向上は見込みにくいものの安定した職場としての人気を保っています。
薬剤師のニーズが高まる「ドラッグストア」での推定年収は400万円と伝えられています。薬剤師としての専門業務はもちろん、商品の品だしおよびレジ打ちなどを兼務するケースも存在しており、他の職場と比べて薬学に関する専門知識が求められることは少ない点が特徴です。

個人のライフスタイルを活かした働き方ができると女性に人気の薬剤師

製薬会社や病院はおよそ600万円前後の年収であることが多く、役職によってはさらに給与の増額が見込まれるとされています。しかし、その分追う責任の大きさや仕事内容から激務になることも多く、残業や休日出勤が余儀なくされるケースも存在します。一方、年収面では一歩劣る調剤薬局やドラッグストアですが、比較的勤務する薬剤師のライフスタイルを反映させやすく、結婚や子育てで休職していた女性薬剤師が復職しやすい職場として人気を得ているようです。

医療現場を取り巻く環境の変化に合わせて活躍の場を柔軟に変える薬剤師。一口に薬剤師といってもその役割は職場で異なることがお分かりいただけたのではないでしょうか。職場によって年収および仕事内容にも差があり、これによってそれぞれの薬剤師が持つライフスタイルに合わせた働き方ができる点もこの職種の大きなメリットと言えるでしょう。

↓↓大手比較サイトが集合↓↓
ranking

おすすめコンテンツ