薬剤師も地方公務員と国家公務員に分かれる!?その違いって何?

笑顔の薬剤師2人

薬剤師の就職先として、病院や薬局、ドラッグストア、製薬会社などが広く知られています。しかし実は、薬剤師にも公務員資格が存在することをご存知でしょうか。公務員薬剤師には大きく分けて地方公務員薬剤師と国家公務員薬剤師とがありますが、それぞれの特徴やメリット、デメリットをご紹介します。

役割の違いはあるの?

シャーレに液を垂らす地方公務員薬剤師地方公務員薬剤師とは、地方公務員上級試験の薬学分野に合格し、都道府県や市区町村などの自治体に採用される薬剤師のことです。主な役割としては、食品安全検査や環境衛生評価などの行政的な業務や、国立研究所や国立病院での仕事といった薬学的な業務があります。自治体職員という位置づけのため、採用された地域に密着した仕事を行うという点が特徴です。一方で国家公務員薬剤師は、国家1種・国家2種という国家試験に合格して省庁に採用される薬剤師を指します。主に厚生労働省などの行政機関において、薬に関する法令作成など薬事行政についての業務を行うため、国家レベルの仕事を任されることが特徴といえます。

仕事内容の違いはあるの?

手元を見つめる薬剤師地方公務員薬剤師の業務は、配属先ごとに多岐にわたります。まず国公立病院などの医療機関に配属された際は、民間医療機関と同様、医師の指示に従っての調剤・服薬指導が中心業務です。また保健所での勤務の場合は、薬局やサービス業、飲食店の管理など地域密着の業務が待っています。さらに都道府県庁に所属し企業管理をする、衛生研究所で研究職に就く、消費者生活センターで苦情対応をするといった幅広い職場・業務に携わる場合もあります。一方で、中央省庁において企画立案、監査といった事務的な業務を中心に行うのが国家公務員薬剤師です。健康保険や医薬品、食料品、麻薬など様々な部署があるため、常に勉強が必要な立場だといえます。

それぞれのメリット・デメリット

資料を渡す薬剤師公務員薬剤師のメリットとしては、雇用や年収の安定性が挙げられます。薬剤師そのものが資格職業のため、どの職場でも比較的高い安定性が確保されていますが、公務員採用であれば尚のこと雇用状況に関する不安をせずにすむでしょう。定期昇給があるため年収の増加が見込め、福利厚生や各種手当、年金や退職金も充実しているため、生活上で困る可能性は低いといえます。一方、デメリットとしては、異動の存在が挙げられます。様々な職場や部署に異動するため、長期間1つの業務に取り組んでプロフェッショナルを目指すことには困難が伴うでしょう。そのため民間雇用の薬剤師と異なり、1つの分野に関する専門キャリアを蓄積するのではなく、ジェネラリストとしてのキャリアを積むことになります。公務員薬剤師のメリットやデメリットを踏まえた上で、就職先を検討してみてください。

↓↓大手比較サイトが集合↓↓
ranking

おすすめコンテンツ