薬剤師の職場とお仕事〜企業編〜

ビーカーと試験管

企業の中で薬剤師の知識を生かして働くことのできる職種を幾つかご紹介していきます。

仕事内容

大学を卒業後、病院や調剤薬局、ドラッグストアで薬剤師として働く以外で多いのが、製薬会社やメーカーなどの企業で働く道です。これら企業では、製薬会社のMRや新薬の研究開発、治験に関わる仕事などがあります。中でも就職先として多いのが、製薬会社のMRです。医師に最新治療薬の情報や、学会のお知らせなど様々な情報を提供するのがMRの主な仕事です。他にも治験に関わる会社、医薬品の卸メーカーや化粧品、食品会社に就職する人もいます。治験の会社では、薬を販売するために必要な書類のチェックをするなど、間接的に医療に関わることができます。

職場の魅力

・最新の医療情報が身につく
MRの場合、製薬会社が扱う薬にもよりますが、ある特定の分野の疾患に関する知識を身につけることができます。医師のパートナーとして医療に貢献することができるのも魅力の1つです。
・研究に集中出来る
治験や臨床開発の場合、長いスパンで研究に注力することができます。自分の研究が新薬誕生の糸口になることもあるかもしれません。 ・給与が高い傾向にある
MRを始め、薬に関する深い知識が求められることが多いため、病院や調剤薬局、ドラッグストアの薬剤師と比べて給与が高い傾向にあります。

企業の大変なところ

・医師の予定でスケジュールが変わる
MRは訪問する病院や医師の診察時間などに応じて、様子を見ながら定期的に医師を訪問します。医師は多忙なため、看護師や受付スタッフとの情報交換で医師の時間を確保することが必要です。 ・研究職は間違いが許されない
治験や臨床開発は、患者の治療に関わる研究ばかりです。間違いのない情報をまとめなければ、命に関わることもあります。それだけ責任の重い仕事なのです。 ・新薬誕生に関わるため責任が大きい
企業で働く場合、どの職種も新薬誕生の有無を左右する仕事になります。自分の仕事がそのまま医療に直結するため責任は重大です。

企業のキャリアパス

会社によってキャリアパスは異なりますが、まずMRについてご紹介すると、製薬会社では専門領域を担当するMR専門職と、複数の社員を管理しながら売上などを管理するマネジメント職の大きく2つの道に分かれ、適正や希望によりキャリアアップしていきます。治験の会社で働く場合は、最初はあるチームに所属し、リーダーから複数のプロジェクトの書類をチェックする仕事を任されるようになります。そして仕事に慣れてきたら、担当プロジェクトの割り振りなどマネジメントを行うようになります。研究職の場合は、チームのメンバーからチームリーダーへキャリアアップしていきます。

企業に向いている人

・研究熱心な人
・多くの人とコミュニケーションが取れる人
・慎重に物事に取り組める人
MR、治験、臨床開発など、どの職種にしてもある特定の分野での知識を深掘りしていかなければなりません。このため決まった研究テーマに対して、腰を据えて向き合い、掘り下げていける根気強さが求められます。命に関わる仕事が多いので、慎重に物事に取り組む姿勢が必要です。様々な部署の人たちと連携しながら働くので、コニュニケーション能力の高い人に向いています。

↓↓大手比較サイトが集合↓↓
ranking

おすすめコンテンツ