薬剤師の職場とお仕事〜ドラッグストア編〜

比較的求人が多く、様々な働き方が選べるドラッッグストアの薬剤師。将来独立開業を目指している人も注目です。ドラッグストア薬剤師の仕事内容やキャリアパスなどをご紹介します。

 仕事内容

医師による処方箋がなくても買えるOTC(一般用医薬品)の販売を行うのがドラッグストア薬剤師の主な仕事です。市販薬はもちろん、健康食品やサプリメント、化粧品・美容用品など幅広い商品知識が求められます。売り場のレイアウトや売上管理を任されることもあり、マネジメント業務を経験できる可能性があるため、将来独立開業を考えている方にもおすすめです。調剤室が併設されている場合は、調剤薬局と同様、処方箋に基づいての調剤、販売、服薬指導、薬歴管理も行います。

 職場の魅力

・マネジメント能力が身につく
接客をする機会が多いため、お客さんと直接コミュニケーションをとることができます。店舗管理や経営などのマネジメントに関わることができるのも魅力の1つです。
・多様な製品に関われる
OTC(一般用医薬品)の販売について幅広い知識を身につけ、お客さんの様々なニーズに対応していきます。健康食品や各種サプリメント、美容用品など、多様な商品の知識が身につきます。
・独立開業も目指せる
経験を積むことで、将来独立開業を目指すことも可能です。独立開業すれば、さらに高収入を望むことができます。
多いため、病院や調剤薬局、ドラッグストアの薬剤師と比べて給与が高い傾向にあります。

ドラッグストアの大変なところ

・業務量は多め
OTC(一般用医薬品)販売に加えて、多彩な商品の販売や接客のほか、売り場作りや在庫管理、売上の管理といったマネジメントに関わる場合もあります。職務内容が多岐にわたるため、戸惑うこともあるかもしれません。
・専門性を高める環境が作りにくい
病院や調剤薬局と比べて、処方箋薬よりはOTC(一般用医薬品)の取り扱いが多いため、病院薬剤師のような最先端の医療に携わっている感覚は低め。薬剤師として専門性を高めるといった観点では、物足りなさを感じる人もいるかもしれません。
・薬剤師の負担が多くなることも
ドラッグストアによっては1店舗に薬剤師1名というケースも少なくないため、薬剤師の負担が大きくなりがちです。シフトによって休みが取りにくい場合もあります。

 ドラッグストア薬剤師のキャリアパス

業務内容が多岐にわたるドラッグストアの薬剤師は、早いうちから責任ある仕事を任される場合もあります。マネジメント業務を任されることも多いことから、ビジネスパーソンとしてキャリアアップするには最適の職場です。早い段階で店舗マネージャーになり、店舗運営を担うケースもあります。その後は本社で広域店舗の運営・経営に関わることも。独立・開業して自分のドラッグストアを開業する道もあります。併設されている調剤室で経験を積んで、調剤薬局を開業することも可能です。

 ドラッグストア薬剤師に向いている人

・将来独立開業したい人
・様々な人と接するのが好きで接客業に興味がある人
・好奇心旺盛で医薬品以外の多彩な商品知識も得たい人
1店舗に薬剤師が一人というケースもあり、若いうちから責任ある仕事を任されるのがドラッグストア薬剤師の特徴。薬剤師の知識と同様に、経営やマネジメントのスキルを磨きたい人に向いている職場と言えます。医薬品だけでなく、健康食品やサプリメント、美容用品などの新製品や話題の商品も取り扱うため、好奇心旺盛で新しいもの好きな人にも向いている職場です。

↓↓大手比較サイトが集合↓↓
ranking

おすすめコンテンツ