薬剤師の転職について徹底解説

薬剤師転職の最新情報をチェック!

 

 

薬剤師のみなさんは転職をする際にどのような方法で求人を探されているのでしょうか。

近年の急速なインターネットの普及によって、薬剤師の転職活動もここ数年で大きく変化してきました。

そんな中で実際に転職活動をしようと思った際に重要になってくるのは、信頼できる確かな情報と事前のしっかりとした準備です。

今回はそんな薬剤師の転職について、おすすめの方法とそのはじめ方について解説していきたいと思います!

 

 

薬剤師の転職について徹底解説>見出し

 

1.薬剤師の転職、どうはじめたらいい?

 

2.薬剤師の転職 大きい3つの方法

 

3.おすすめの薬剤師の転職方法について

 

4.薬剤師の求人サイトを使った転職について

 

5.求人サイトを使った転職の注意点

 

6.求人サイトを使った転職での成功の秘訣

 

7.求人サイトを使った転職でのメリットとデメリット

 

8.転職紹介会社を使った薬剤師の転職について

 

9.転職紹介会社を使った薬剤師転職の注意点

 

10.転職紹介会社を使った薬剤師転職の成功の秘訣

 

11.転職紹介会社を使った薬剤師転職のメリットとデメリット

 

 

 

1.薬剤師の転職、どうはじめたらいい?

 

みなさんは転職をしようと思われた際に、まずどのような方法で求人を探されますか?

新聞を購読している方であれば折り込みチラシが週末に挟み込まれていますので、そのチラシを見ながら探すという方もいらっしゃるでしょう。また、インターネットで検索してどんな案件があるのか情報を仕入れようと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

ただし、思いつくままに手当たり次第探すというのはひと昔前の話。一人で探そうと思ってもやはり限界がありますよね。

今は、薬剤師の転職支援をメインにおこなっている会社が数多く存在し、日々転職を希望する薬剤師のみなさんを支えているのです。

そのような転職紹介会社へは、インターネットからわずか5分程度で登録ができますのでとても簡単ですし、忙しい薬剤師のみなさんに代わってご希望の地域から選りすぐりの案件を探し出してきてくれますので非常に便利です。しかも相談から最終的に転職が完了するまでの間、そしてそれ以降も一切費用はかからないのです。

最近ではこのように転職紹介会社に登録したうえで転職活動をおこなっている薬剤師の方が圧倒的に増えていますし、最もおすすめの方法なのではないかと思います。

 

 

1.薬剤師の転職どうはじめたらいい?>見出し

 

1-1.薬剤師の転職活動、最適なはじめ方

 

1-2.少なくとも3つ~5つの転職紹介会社に登録した方が良い

 

1-3.薬剤師の転職をするにあたって必ず心掛けておきたいこと

 

1-4.まとめ>薬剤師の転職のはじめ方

 

 

 

 

1-1.薬剤師の転職活動、最適なはじめ方

 

「退職をしよう!」と心に決めてからでないと転職活動をしてはいけないということはありません。いざ求人を探し始めても、ひょっとしたら希望通りの職場がすぐには見つからないかもしれません。

また転職活動をしてみることによって今の職場の良さに気付き、このまま今の会社に残るという選択肢がまた出てくるかもしれません。

いずれにしても『転職紹介会社への登録=転職を必ずしなければならない』というものでもありませんので、どのような職場があるのか見ておくという意味でも早めに登録しておくにこしたことはないでしょう。タイミングによっては思わぬ形で理想にピッタリ合った職場が見つかるかもしれませんよ。

 

 

 

 

1-2.少なくとも3つ~5つの転職紹介会社に登録した方が良い

 

転職紹介会社は数多く存在しますが、それぞれ得意な分野や得意な地域が存在します。また、登録することで担当のコンサルタントがサポートしてくれる場合がほとんどなのではないかと思うのですが、その担当者もとても重要です。相性の悪い方が担当になった場合、100%の希望を叶えるということが難しくなってしまう可能性もあります。「こちら側の希望する条件の微妙なニュアンスがきちんと伝わって無い…。でももう一回話すのもなんだか気が引けるなぁ」なんてこともあるかもしれませんからね。転職活動をするにあたって、担当者との相性というのは意外と重要な要素なのです。

このような理由から、1社だけの登録にとどまらず、少なくとも3社、できれば5社の転職紹介会社に登録していただくことがおすすめです。

登録した分だけより多くの案件を目にする機会ができますので、選択肢の幅が広がるというメリットもあります。

 

 

 

 

1-3.薬剤師の転職をするにあたって必ず心掛けておきたいこと

 

転職するにあたって最も重要なことは、今の職場を円満に退職するということです。

退職しようと考えておられるということは、今の職場に少なからず不満があるからなのではないでしょうか。「すぐにでも辞めてしまって新しいところへ行きたい!」「もう辞めるから別にこんな職場、どうなってもいいや!」といった感情が湧き上がってきている方もひょっとしたらいらっしゃるかもしれませんね。しかし、そのような感情は決して態度や行動に表わしてはいけません。

狭い業界ですから今後どのような形で今の職場の方と顔を合わすかも分かりませんし、完全に退職する日まではその会社の職員なわけですから、最後の1分1秒まで全力で職務を全うするようにして下さい。

そして、退職の意思を直属の上司に伝えるまでは決して周囲に退職の意思があることを漏らさないようにしてください。これも鉄則です。直属の上司に話す前に「あなたが退職するかもしれない」という噂がまわってしまうと、思わぬ形で強い引き留めに合ってしまうかもしれませんし、退職までの数ヶ月間、非常に過ごしにくい状況になってしまうかもしれません。

そのようなことにならないためにも順序は必ず守るように心掛けてください。

また、退職を決めた後は新しい仕事を引き受けないようにすることも大切です。
新しいプロジェクトなどに参画してしまうと、そのことが原因で退職日がズルズルと後ろへずれていってしまうといった状況になってしまいかねません。

これらのことを心掛けておいたうえで、最終的に惜しまれながら退職日を迎えられるよう、精一杯努力しましょう。

 

 

 

 

1-4.まとめ>薬剤師の転職のはじめ方

 

薬剤師の転職について、その方法とはじめ方を中心にお話してきましたがいかがでしたでしょうか?

どのような理由で転職するにしても、円満な退職がとても大事であるということも合わせてご理解いただくことができたのではないでしょうか。

それではみなさんの転職活動がより良いものになりますように、心からお祈りしております!

 

 

 

2.薬剤師の転職 大きい3つの方法

 

薬剤師の転職には大きくわけて3つの方法がありますが、今回はそのなかでも『求人サイトから自分で探す方法』についてお話ししたいと思います。

 

 

2.薬剤師の転職 大きい3つの方法>見出し

 

2-1.求人サイトから自分で探す方法

 

2-2.転職紹介会社に登録し紹介してもらう方法

 

2-3.知人に紹介してもらう方法

 

 

 

 

 

2-1.求人サイトから自分で探す方法

 

2-1.求人サイトから自分で探す方法・見出し

 

2-1-1.転職紹介会社の検索ページから探す

 

2-1-2.企業のホームページから直接募集要項をチェックする

 

2-1-3.ハローワークや地元の情報誌、折り込みチラシなどで探す

 

2-1-4.費用が割安な求人方法はどんなもの?

 

2-1-5.掘り出しものが見つかる場合も

 

2-1-6.まとめ>求人サイトから自分で探す方法

 

 

 

 

2-1-1.転職紹介会社の検索ページから探す方法

 

『薬剤師 求人 検索』などのキーワードでGoogle検索をしてみると、転職紹介会社のホームページがたくさん出てきます。それらのサイト内に検索ページがあり、希望勤務地や希望職種などを入力すると、その条件で絞り込んだ求人検索が可能です。

「自分のペースで探したい」「まだ勤務地を決めていない」「どんな求人があるのかただ見てみたいだけ」といった方にはとりあえずおすすめの方法なのではないかと思います。

実際に検索をかけてみると、それぞれの職場の営業時間や年収帯、年間休日の日数なども見ることができますし、ある程度ご自身の中でゆずれないポイントがある方などはそれらの条件もさらに盛り込んだうえでの絞り込み検索も可能だったりします。

「この地域にはどんな求人があるんだろう」「あの薬局気になってるんだけど求人出してないかな」などなど、気になることを気軽にサクッと見ることができるというメリットもあります。

一方で、これらの求人サイトさえ見ればすべての案件がくまなく探せるというわけではありません。なかには一般には公開していないものもたくさん存在します。これが非公開求人と言われるものです。求人サイトにはよりますが、そんな非公開求人が案件の半分以上を占めているということもありますので、より詳しく知りたいという方は登録したうえで相談していただくと良いでしょう。もちろん登録したからといって絶対に転職しなければならないということはありませんから安心してくださいね。

 

 

 

 

2-1-2.企業のホームページから直接募集要項をチェックする

 

転職紹介会社のサイトから検索をするという方法の他にも、直接、企業のホームページにアクセスしたうえで募集要項を見るという方法もあります。

「実は雑誌で見たあの企業が気になってるんだよね」「あそこの病院は年収いくらぐらいかな?」などなど、実際に気になっている企業があるという方は、このようなチェックの仕方もアリでしょう。

調剤薬局などではホームページで店舗単位での募集をかけているような場合もありますので、気になっている店舗があるという方は参考にできる可能性もあります。場合によっては思わぬ形で、好条件の募集がかかっているといったこともあるかもしれませんので、このような探し方も知っておいてもらうと良いのではないかと思います。

 

 

 

 

2-1-3.ハローワークや地元の情報誌、折り込みチラシなどで探す

 

大手の転職紹介会社のサイトなどに求人を載せようと思った際、企業としてみればやはり最終的には莫大なコストがかかるものです。

紹介会社を介した薬剤師の求人の場合、正社員やパート、年収帯など条件にはよりますが、なかには成功報酬として200万円以上の手数料がかかる場合もあるのです。

中小企業や個人経営をされているような会社では、できるだけ求人にかかる費用を抑えようと考えている会社は少なくありません。このような理由から、「求人サイトには載せない」と考えているような会社も存在するのです。

 

 

 

 

2-1-4.費用が割安な求人方法はどんなもの?

 

特に全国的に募集する必要がない個人経営の小さな薬局などでは、地元の一部の薬剤師の方が目にするような媒体に載せれば良いので、その場合の費用は最小限に抑えることができます。

その求人誌などを見た薬剤師の方が直接応募してきてくれた場合、紹介会社へ支払うような莫大な仲介手数料は一切かからなくなるのです。

ただし、求人誌やチラシなどに載せる際には、ものによりますが広告費用として数万円程度支払う必要が出てきますが、紹介会社の仲介手数料に比べるとコストが10分の1以下になる可能性もあるのです。それで薬剤師を採用できるのであれば企業側はそちらを選びますよね。

ただし、当然デメリットもあります。

今の時代、大半の薬剤師の方が紹介会社を利用して転職をしていますので、求人誌などで募集をかけても『ほとんど応募してこない』という現実があります。1年間広告に掲載してみたけど応募がゼロなんてことは日常茶飯事なのです。そうなってしまっては広告費をドブに捨ててるようなものですよね。そのあたりは募集をかける企業側にとっては悩ましいところです。

しかし、求人案件を探している薬剤師のみなさんからしてみれば、いろんな方法で求人を探すことができるメリットがある、と考えていただくことができるのではないでしょうか。

 

 

 

 

2-1-5.掘り出しものが見つかる場合も

 

自宅近くで働きたいと思われている方や、お子さんのお迎えの都合で幼稚園や保育園の近くで働きたいとお考えの方などは、ハローワークや地元の求人誌などで探した方が簡単に見つかる場合もあります。

なかにはなかなか応募してこないということから、とんでもない好待遇の案件に成長し、ひそかに眠り続けているような求人があるかもしれませんので、いろんな探し方と並行して利用してみるといいかもしれませんね。

 

 

 

 

2-1-6.求人サイトから自分で探す方法まとめ

 

求人サイトから自分で探す方法やその他いろいろな方法についてお話してきましたがいかがでしたでしょうか。

やはり自分で探すとなるとひとつの方法だけにとらわれず、様々な方法を併用しながら探す方がより良い求人を見つけやすくなるのではないかと思います。

もしご自身で探してみようと思われる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

 

 

2-2.転職紹介会社に登録し紹介してもらう方法

 

薬剤師の転職には大きくわけて3つの方法がありますが、今回はそのなかでも『転職紹介会社に登録して紹介してもらう方法』についてお話ししたいと思います。

 

 

2-2.転職紹介会社に登録し紹介してもらう方法・見出し

 

2-2-1.転職紹介会社とは

 

2-2-2.専任のコンサルタントって何?

 

2-2-3.登録費用や手数料はかかるの?

 

2-2-4.転職紹介会社はどうやって収入を得ているの?

 

2-2-5.転職紹介会社への登録から案件紹介までの流れ

 

2-2-6.案件紹介から応募まで

 

2-2-7.条件面の交渉を最後までサポート

 

2-2-8.まとめ>転職紹介会社に登録し紹介してもらう方法

 

 

 

 

2-2-1.転職紹介会社とは

 

転職紹介会社とは、忙しく働く薬剤師のみなさんに代わって理想に合った求人を希望の地域から探し出してきてくれる会社です。一部の地域のみに特化した紹介会社から全国に複数の拠点をもつ紹介会社など、様々な特徴をもった紹介会社が存在します。

 

 

 

 

2-2-2.専任のコンサルタントって何?

 

転職紹介会社に登録すると、転職を全面的にサポートしてくれる専任のコンサルタントが付いてくれます。求人案件の紹介から応募、面接日時のセッティング、その他の条件交渉まですべてを無料でサポートしてくれます。

薬剤師の転職に関するプロですので、わからないことや業界の動向など含め、何でも教えてくれる頼れる存在です。

また、コンサルタントにはそれぞれ担当の地域が存在し、その地域の求人先の事情や雰囲気などの情報をいろいろ把握している場合もあります。気になる職場の裏事情や昇給率の実際などもこっそり教えてくれるかもしれませんので、そのあたり積極的に聞いてみるといいでしょう。逆にそのあたりの情報をあまり教えてくれないようなコンサルタントだと、あまり頼れない担当者にあたってしまったのかも…と思ってもらってもいいのではないかと思います。

 

 

 

 

2-2-3.登録費用や手数料はかかるの?

 

登録から転職完了まで一切の費用はかかりません。

どんなわがままな条件を出しても、条件をコロコロ変えたとしても、手数料などを支払う必要はまったくありません。

なかには無事に転職ができた際には、逆に数万円ものお祝い金をいただけることもあります。

 

2-2-4.転職紹介会社はどうやって収入を得ているの?

 

ここで、じゃあ紹介会社はどうやって利益をあげているのだろう?ということが気になりますよね。実は紹介会社は完全成功報酬型であることがほとんどであり、最終的に無事転職が決まり、入社が決まった際に、その転職先の会社が報酬を支払うことになっているのです。その際の金額は個別契約なので様々ですが、転職者の年収の20%前後であることが多いと言われています。仮に20%で考えてみると、年収500万円で転職した際には100万もの報酬が転職先の会社から紹介会社へ支払われるという計算になります。

このようにして利益を得ていますので、転職希望者が一切の費用を支払わなくても経営が成り立っていくのです。

 

 

 

 

2-2-5.転職紹介会社への登録から案件紹介までの流れ

 

登録の仕方は、転職紹介会社の専用ページから必要な情報を入力して送信するだけというように、いたってシンプルなものです。

必要な情報もお住まいの地域、電話番号、希望職種、希望勤務地、年収帯などある程度ザックリしたもので大丈夫です。ひとまずは『登録する』ということが最大の目的になります。

・担当者との面談
登録が済んだら登録した電話番号に担当者から電話がかかってきます。その際に細かい希望条件をお話しするか、直接担当のコンサルタントと面談をするかなどの話をされます。

直接面談をする場合、自宅近くや勤務地の近くの喫茶店などに担当者が来てくれることがほとんどであり、その際のコーヒー代なども負担してくれます。

そこで転職を希望される方の細かい条件をすべて聞き出してくれるというわけです。その場でおすすめの案件などを紹介してくれることもありますよ。

直接の面談がなく、電話だけの場合もありますが、いずれにしてもそこまで大差なく案件は紹介してくれるのではないかと思います。

 

 

2-2-6.案件紹介から応募まで

 

面談が終わった後に、転職紹介会社によっては履歴書や職務経歴書などの提出を求めてこられるところもあります。いずれにしても企業の面接時には必要となってくるものですので、練習の意味も含めて記入しておくといいかもしれませんね。なかには履歴書などの添削をしてくれるような紹介会社もありますので、不安のある方は利用してみるといいでしょう。

そしていよいよ担当者が選りすぐりの案件を探し出してきてくれるのですが、そのなかで、もし理想通りの職場が見つからなかった場合は再度条件面の確認をしたり、もう一度探してもらうなどじっくり案件を吟味していただいた方がいいでしょう。

なかには一度にすべての案件を紹介するのではなく、少しずつ小出しにしてくるような紹介会社もありますので、そのあたりは慎重に見比べてみてください。焦って決めてしまうことのないようにしたいものです。

気になる案件が見つかったらその職場の詳細な情報をより詳しく聞くか、実際に見学に行くというのもいいでしょう。そのあたりのセッティングも担当者がおこなってくれます。

また、応募してみようと思われた際は面接の日取りも調整してくれますし、なかには面接に同行してくれるような紹介会社もありますので、気になる方はぜひ利用してみてください。

 

 

2-2-7.条件面の交渉を最後までサポート

 

面接後、見事内定をいただくことができれば、そこからがさらに担当者の腕の見せどころです。特に給与面のアップはここからが本番だと言っても過言ではありませんので遠慮せずに相談してみましょう。

また、車通勤の方などはもともと高速代は出さないという会社もありますので、そのあたりの交渉も代わりにおこなってもらうといいでしょう。そのような相談にも意外と応じてくれたりするものですので、気になることは何でも聞いておいてくださいね。

 

 

2-2-8.転職紹介会社に登録し紹介してもらう方法まとめ

 

転職紹介会社に登録して紹介してもらう方法についてお話してきましたがいかがでしたでしょうか?忙しく働く薬剤師のみなさんの心強い味方であるということが今回の記事でおわかりいただけたのではないでしょうか。

実際に登録したことがないという方は、登録から紹介までの流れをイメージしていただくことができましたでしょうか。

これから転職紹介会社を利用してみようとお考えの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

 

 

2-3.知人からの紹介

 

薬剤師の転職には大きくわけて3つの方法がありますが、今回はそのなかでも『知人からの紹介』についてお話ししたいと思います。

この方法にはたくさんのパターンがあり、まさに十人十色ではないかと思いますので、ここでは一般的なものを中心にお話しさせていただければと思います。

 

 

2-3.知人からの紹介>見出し

 

2-3-1.知人からの紹介のいろいろ

 

2-3-2.知人の友人からの紹介

 

2-3-3.関係者からの紹介

 

2-3-4.欠員補充待ちパターン

 

2-3-5.転職紹介会社を紹介

 

2-3-6.まとめ>知人からの紹介

 

 

 

 

2-3-1.知人からの紹介のいろいろ

 

会社勤めをしていると、急に人が辞めてしまったり業務拡大で人手不足が生じてしまったり…といった具合に「すぐにでも優秀な人材が欲しい!」と思う時ってありますよね。

そんな時、企業として最も頼りになるのが、所属している社員からの紹介です。

人員不足が発生した際に、募集をかけて、応募してこられるのを待って、さらに面接して採用を検討する…。この流れだけでも大変な作業になってしまいますが、実際に入ってきてみたらとんでもないブラック薬剤師だった…なんてこともよくある話。余計に現場は混乱してしまうことになってしまいかねません。

しかし所属社員の紹介なら、ある程度どんな性格の方なのか、人間性の部分や協調性のある方なのかなどの情報を事前に聞くことができ、ある程度見通しが立ちやすいと言えるでしょう。

なかには友人や知人を紹介することによって、紹介してくれた方に謝礼として数十万円も出してくれる会社まであります。まさに特別ボーナスという感じですね。

 

 

 

 

2-3-2.知人の友人からの紹介

 

例えばみなさんも、薬剤師の友人などと話していると「ウチの会社、いま人が少なくて大変なんだよ。誰か紹介してよ。」というようことを耳にされることはありませんか?

こんな感じで『人づたいに紹介を受ける』といったこともあります。

人手不足で困ってしまっている時は、友人などにも相談してみると思わぬところから良い人材を紹介してくれることもあるかもしれませんね。そんな時、先輩や後輩なども頼りになるかもしれません。

 

 

 

 

2-3-3.関係者からの紹介

 

特に薬局業界などでは、メーカーのMRさんや卸のMSさんなどから紹介されるということもたまにあります。

出入りが頻繁な関係者や取引先であれば、その職場の雰囲気や責任者の人間性など、ある程度の情報を把握していたりするものです。

薬局に関してはそのあたり、取引関係にある関係者はかなり敏感なもの。あまり評判の良くない店舗などは卸さんやメーカーさんの間でも噂になっていたりするものです。

そんな方たちの情報は意外と信頼性があって参考にしやすいものだったりしますので、それとなく興味のある職場に対してリサーチをかけておくというのもアリだとは思います。

そのような情報を頼りに、近隣の薬局に移られる薬剤師の方はたまに目にします。

 

 

2-3-4.欠員補充待ちパターン

 

特に大病院や製薬会社など、中途採用だとなかなか狭き門だと感じている職場ってありますよね。普通に就職活動をしていてもほとんど案件を目にすることなんてないのではないでしょうか。もし募集がかかっていても、「逆になんで募集がかかっているの?なにか裏があるんじゃ…」と疑ってしまったりしませんか?

そんな時頼りになるのが、そこに所属している知人や友人です。「もし欠員が出た際には声をかけてね」というように事前にお願いをしておくと思わぬ形で理想の転職が実現するなんてこともあり得ます。実際そのようなコネがあると大学病院の薬剤部にポンッと入れたりもするものなのです。実際のところ、大半がコネだったりするようなところも存在するんですよ。

 

 

2-3-5.転職紹介会社を紹介

 

転職紹介会社には『お友達紹介制度』のようなキャンペーンを実施しているところもあります。

何でも以前利用してみて印象が良かったようなものって、友人にも紹介しやすいですよね例えば隠れ家的なレストランや電化製品などなど。そんな感じで、紹介会社を友人に紹介することで、なんと謝礼をいただけることもあるんです。さらに友人のほうにも謝礼が送られることもあります。

双方にとってメリットのあることですから、機会があればぜひ利用してみたいものですね。

 

 

 

 

2-3-6.まとめ>知人からの紹介

 

いかがでしたか?

知人からの紹介といってもたくさんのパターンがあるということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

知人の紹介をピンポイントで狙って転職を成功させるというのは簡単なことではないかもしれませんが、数ある転職方法のなかでもこんなパターンもあるということを知っておいてもらうことで、機会があればぜひ参考にしていただけましたらと思います。

 

 

 

3.おすすめの薬剤師転職方法について

 

薬剤師の転職方法は様々であり、そのおすすめの方法も人によってそれぞれ微妙に違いが出てくるものです。

さて、今あなたは、勤めている会社や職場、もしくは人間関係に対して不満が溜まっていて、その感情が抑えきれなくなって退職を決断しようとされていませんか?もしそうであればちょっと待ってください。勢いで辞めてしまうその前に、まず考えていただくことがあります。

本当に今の職場をこのまま辞めてしまって大丈夫でしょうか?他に、より良い職場がある保証はあるのでしょうか?そのあたりをよく考える前に、たった今、直面している『嫌なこと』から抜け出そうとしているだけではありませんか?

薬剤師のおすすめの転職方法は数多くありますが、今回は『後悔しないため』のおすすめの転職方法について、みなさんにお話ししていきたいと思います。

 

 

3.おすすめの薬剤師転職方法について・見出し

 

3-1.今の会社の嫌なところを書き出してみる

 

3-2.今の会社の良いところを書き出してみる

 

3-3.嫌なところ、良いところとしっかり向き合う大切さについて

 

3-4.しっかりと考え抜いた先には必ず理想の職場がある

 

3-5.まとめ>おすすめの薬剤師転職方法について

 

 

 

 

3-1.今の会社の嫌なところを書き出してみる

 

突然ですが、まず今の会社の嫌なところを全部紙に書き出してみてください。面倒くさいですが、だまされたと思ってやってみてください。白い紙とボールペンひとつで大丈夫です。この記事を読んでいただいた後でももちろんかまいませんよ。

嫌なところと言ってもいろいろあるでしょう。『アイツとは人間的に合わない。しょうもない連中と働くのはウンザリ。帰る時間が遅い。給料が安いのに昇給が少ない。この職種は自分には合わない。自分は頑張っているのに評価されていない。サービス残業なんて仕事のできない連中がやることだ』などなど…。何でもいいので、とにかく嫌だと感じていることを紙に書き出してみてください。

じっくりと1日の流れを思い出しながら…。そして1週間、1ヶ月、1年…。それぞれ時系列で考えてみるとたくさん出てくるのではないかと思います。とにかく思いつくままに今の会社・職場・人間関係の嫌なところを書き出してみてください。嫌な気持ちになるのは百も承知ですが、とにかくやってみてください。ほんの30分程度の時間だけでいいんです。このたった30分で今後の人生が劇的に変わる可能性だってあるんです。

 

 

 

 

3-2.今の会社の良いところを書き出してみる

 

嫌なところを書き出していただけたでしょうか。どれぐらいの数になりましたか?5個?10個?20個?…いや、それ以上あるかもしれませんね。嫌な気分も蘇ってこられたかもしれません。でもこの作業は私のおすすめする転職方法にとって、とても重要な過程なのです。つまり、まずは嫌なことと真正面から向き合うことが大切だということです。

さて、ここで少し気分を変えましょう。嫌なことを思い出す過程で、良いことも思い出されませんでしたか?「あ~あんな良いことあったな。」「あの人はいい人なんだよな。」「そういえばあの仕事は楽しかったな」などなど。そうです。次は今の会社の良いところを書き出してみましょう。

どれぐらいあるでしょう。嫌なところよりもひょっとしたら少ないかもしれませんね。でもそれでいいのです。当然仕事をしてれば良いことばかりではありませんよね。嫌な思いもたくさんします。でもこんなふうに良いこともありましたよね。そんな時のみなさんはきっとイキイキされていたことでしょう。その時の感情も合わせて書いておいてください。

このように、良いところに関してはこれから先も求めていっていただきたいところですし、みなさんのその時に感じられた感情も大切にしてください。

 

 

 

 

3-3.嫌なところ、良いところとしっかり向き合う大切さについて

 

今の会社の嫌なところ、良いところを書き出してもらったのは他でもない、転職活動をするにあたってみなさんが理想とする職場環境や条件をハッキリさせておいてもらうためです。人はいま目の前にある嫌なことから逃げ出したくなる一方で、まだ見ぬ世界には「より良くなるであろう」という勝手なイメージをもってしまいがちです。

しかし、嫌なことから目をそらしたまま他の場所に移っても、また同じか、違う種類の嫌なことにぶつかってしまいます。いま目の前にある嫌なこととキチンと向き合ったうえで次のステップに進まないと、また同じ繰り返しをしてしまい、同じように逃げ出したくなってしまうのがオチです。それでは転職をした意味がありませんよね。

ただただ不本意にみなさんの職歴が傷付いていくばかりです。せっかくこの記事をここまで読んでいただいているみなさんにはそうなって欲しくはないのです。

 

 

 

 

3-4.しっかりと考え抜いた先には必ず理想の職場がある

 

さてここで、先ほど紙に書いていただいた、嫌なところ、良いところを参考にしながら『どのような職場で働きたいのか』ということを具体的に書いていってください。職種や給与面なども含めてです。嫌なところであればその逆を書けば良いわけですが、その時にどのような職場環境が当てはまるのかということも合わせて考えてください。

例えば、人間関係の煩わしさをなるべく考えたくないのであれば、職場の人数が多い方がいいのか少ない方がいいのか、はたまた一人の方がいいのか…などです。人それぞれ考え方は違うと思いますので、みなさんのオリジナルの答えがでてくるのではないかと思います。

このように、一つひとつ細かく考えていただいたうえで転職活動をスタートすると、きっと簡単には後悔しません。逆にしっかり考えておかないと、必ず後からいろんな後悔が出てきます。そしてここまでの一連の流れをできれば『退職を申し出る前』におこなっていただくことが大切なのです。

いざ転職活動を始めてみても、理想の職場がすぐには見つけられないかもしれませんし、転職活動を進めていくなかで、ひょっとしたら今の職場が理想とするイメージに最も近いかもしれません。要は理想の職場のイメージを、ぼんやりではなくハッキリさせておくことが重要なのです。極論ですが、具体的な転職活動の方法は転職紹介会社に登録するでも折り込みチラシで探してみるでも何でもいいと思います。

要は、このような過程を経たうえで、『あらゆる可能性を残しながら、限りなく理想に近い職場で働く』ということが最も大切であり、私のおすすめする転職方法になります。結果的に転職をすることになってもそうでないにしても、みなさんが最も納得して働ける場所を見つけていただくことこそが本当の理想の転職活動なのです。

 

 

 

 

3-5.まとめ>おすすめの薬剤師転職方法について

 

みなさんが想像されていた薬剤師のおすすめの転職方法の記事とは少し視点が違ったものだったかもしれませんが、いかがでしたでしょうか?薬剤師のみなさんにただおすすめの転職方法だけを紹介するのは簡単な話であり、その様々な方法については別のページでも説明させていただいていますが、今回は『転職で後悔しないために』大切にしていただきたいことを中心にお話してきました。

ぜひ、ひとつの方法として参考にしていただき、より理想に近い形でご活躍されることを心よりお祈りしております!

 

 

 

4.薬剤師の求人サイトを使った転職について

 

転職をしようと思われている薬剤師のみなさんのなかで、「誰の力も借りずに自分の力だけで良い求人を探したい!」と思われているような方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方には求人サイトを使って転職先を探すという方法がおすすめです。

ここでは求人サイトの正しい使い方についてお話ししていきたいと思います。

 

 

 

4.薬剤師の求人サイトを使った転職について>見出し

 

4-1.薬剤師求人検索サイトの正しい使い方

 

4-2.求人サイト別に比較してみよう

 

4-3.気になる求人案件にはどうやって応募するの?

 

4-4.まとめ>薬剤師の求人サイトを使った転職について

 

 

 

 

4-1.薬剤師求人検索サイトの正しい使い方

 

まず求人が検索できる薬剤師専用のサイトにアクセスするところから始めてみましょう。Googleなどで『薬剤師 求人検索』と検索していただくと、いろんなサイトが出てきますのでアクセスしてください。

そして、それらのサイトから実際に『希望勤務地+職種+正社員』などの条件を入力して検索してみてください。するといろんな案件がズラ~っと出てくると思うのですが、年収帯などはかなり幅が広く、ひとつの職場であっても450万~650万円など、実際どれぐらいの金額が提示される企業なのかよくわからない部分も出てきたりします。また、そのほとんどが『企業名は非公開』なので、具体的に企業のホームページにアクセスしてどのような企業なのか、詳細を確認することはできません。

ここで、もし気になる案件があるのであれば、『○○駅から徒歩5分 年収帯○○~△△万円 年間休日120日』などの条件を紙に書き出しておいてください。またそれぞれ、求人検索ナンバーのような数字や記号がナンバリングされていると思いますので、その番号も記録しておいてください。

そしてまた別の案件を見ながら気になる案件の情報を紙に書いていってみてください。

 

 

 

 

4-2.サイト別に比較してみよう

 

ここで、ひとつの求人サイトの案件だけで就職先を絞り込んでいこうとしてしまってはいけません。少なくとも、もうひとつは別の求人サイトでも同じ条件で求人案件を検索してみてください。すると、さっきとは異なる案件も出てくるのがおわかりいただけるのではないかと思います。

このように、別のサイトでは異なる案件が多数載っているといったケースも結構ありますので、余力があるようであれば、ひとつのサイトだけではなくいくつかの求人サイトの比較もおこなってみてください。こうして、いろんな気になる案件をどんどん書き出していきましょう。

ちなみに、希望勤務地から少し離れたところまで勤務することが可能であるのならば、希望勤務地の周辺の地域についても検索しておくことをおすすめします。地域によっては少し駅からの距離が離れるだけでも年収帯がグッと上がっていたり、思わぬ地域の求人が希望条件にピッタリだったりするようなこともあるかもしれません。勤務終了時間が早い職場なら、多少家から遠くても、結果的に帰宅が早くなるなんてこともありますよね。

とにかくみなさんが転職されるにあたって、「この範囲までなら大丈夫」というギリギリのところまでとことん検索してみましょう。

 

 

 

 

4-3.気になる案件にはどうやって応募するの?

 

気になる案件がいくつか見つかったのならば、いざその案件がどのような企業であるのか掲載しているサイトに直接問い合わせをしてみましょう。それぞれの案件に問い合わせのボタンがついていると思いますのでそちらをクリックすると、みなさんの情報を簡単に入力するページが出てくると思います。

このようにしてそのサイトに登録することで、気になる案件の詳細情報を入手することが可能になりますし、サイトによっては非公開求人を持っている可能性もありますので、それらの情報も見せていただけるようになるでしょう。

また、薬剤師の求人案件は良い案件であればあるほど競争率が高かったりするものです。「また明日問い合わせしてみよう」なんて気楽に構えているとすぐに他の薬剤師の方が応募してしまい、翌日には案件がサイトから消えていた…ということもよくある話ですので、気になる案件に関しては積極的に問い合わせていただいたほうが良いのではないかと思います。

もちろん問い合わせをしたからといってすぐに応募しないといけないわけではなく、詳細な情報を入手してからじっくり検討すればいいわけです。ただ、「興味をもっている」という意思を伝えておくことで、他の方に先を越されてしまうのを少しの間だけでも止めておくことができるかもしれません。そのあたりは問い合わせをした際に伝えておくようにしましょう。こうしていろいろ気になる案件に関しては早めに問い合わせをし、応募するかどうか検討してみてください。

もし応募しようと思われた際は、サイトの担当者にその意思を伝えると、面接の日取りなどをすべてみなさんに代わってセッティングしてくれますので、忙しく働かれている方も安心してお任せいただくことができますよ。

 

 

 

 

4-4.まとめ>薬剤師の求人サイトを使った転職について

 

求人サイトを使った転職についてお話してきましたがいかがでしたでしょうか。ご自身で検索していただき、気になる案件を比較検討しながら絞り込んでいくことで、よりみなさんの理想とする職場のイメージがはっきりしてくることもあるでしょう。

気になる案件の詳細情報は問い合わせていただくことによって入手できますし、より詳しい職場の内部事情なども教えてくれることがほとんどだと思います。応募のスケジュール調整などに関してもサイトの担当者が代わりにおこなってくれますので、忙しく働かれている方でも安心です。

それでは、この記事がみなさんの転職活動において、少しでもお役に立つことができましたら幸いです。

 

 

 

 

5.求人サイトを使った転職についての注意点

 

薬剤師専用の求人サイトを使った転職をお考えの方には、必ず知っておいていただきたい注意点があります。それは、どの求人サイトも一律のサービスを提供しているわけではなく、それぞれ異なる特徴をもっているということです。これを「なんとなく」ではなく、「しっかりと」押さえておいていただきたいのです。

今回はそんな、『薬剤師の求人サイトを使用する際の注意点』について詳しくお話ししていきたいと思います。

 

 

5.求人サイトを使った転職についての注意点>見出し

 

5-1.まず押さえておきたい注意点

 

5-2.好条件の求人案件は早い者勝ち。明日にはなくなっているかもしれない

 

5-3.日々新しい情報に更新されているとは限らない

 

5-4.希望条件に合った転職サイトを探す

 

5-5.ブラック企業は求人案件を見ているだけでは見抜けない

 

5-6.まとめ>求人サイトを使った転職についての注意点

 

 

 

 

5-1.まず押さえておきたい注意点

 

数多くある薬剤師の求人サイトにおいて、たった今、この瞬間に誰かが応募をした案件もあれば、まさに今、募集がスタートした案件もあるかもしれません。このように求人案件は日々目まぐるしく更新されています。検索するタイミングによって見ることのできる案件はまさにまちまちでしょう。

それでは求人を検索する私たちは理想の職場に近づくために、どのようなことに注意すれば良いのでしょうか?

 

 

 

 

5-2.好条件の求人案件は早い者勝ち。明日にはなくなっているかもしれない

 

薬剤師の求人サイトで案件を検索していると、気になる案件って出てきませんか?

『年収650万円以上相談可 土日休み 残業少なめ』例えばこのようなものです。

「なかなかいい条件だな」と思うことはあっても「よし!すぐに問い合わせてみよう!」とはなかなかならないものではないでしょうか。しかし、次の日に同じ条件で検索をしてみると、昨日見たあの好条件の案件は出てこなくなっていた…なんてことが起こってきます。ということは、『誰かがもう応募して、終了してしまった』ということなんですね。そうなるとちょっと悔しいですよね。

ただ裏を返せば、他の薬剤師の方が目にする前にその案件を見つけることができれば、誰よりも早くその案件に応募することができるかもしれないということです。良い条件の職場というのはこのように、早い者勝ちであったりもします。

ここで押さえておいていただきたい注意点は、好条件の案件ほど、すぐになくなってしまう可能性があるということです。当たり前のことですが、意識しながら見ていただかないと、つい忘れがちになってしまうので、あえて初めにお話しさせていただきました。忘れずに押さえておいてくださいね。

 

 

5-3.日々新しい情報に更新されているとは限らない

 

求人サイトのなかには更新が追い付いていないものもあります。もちろんそのあたり、かなり神経をつかっているようなサイトでは、日々更新はされているものだとは思うのですが、追い付いていないサイトでは古い案件がそのまま放置されているといったこともあるのです。ただし、ここで気を付けていただきたいことは、好条件の案件に関しては誰もが気になるものですので、『あえて放置している可能性もある』ということです。

つまり、薬剤師の転職希望者がサイトに登録さえしてきてくれればいいということを考えているような悪質なサイトも存在するということなのです。登録してきた転職希望者に対して「あ、この案件はつい先ほど先約が入ってしまって今は手を付けられない状態なんです…。でも他にも非公開の求人がたくさんあるので、もしよろしければ他の案件も紹介させてもらいますよ!」といった具合に、好条件の案件を言わば客寄せパンダのように使っているようなサイトもある、ということです。

ただ、求人サイトで検索をしているみなさんからすれば、そんなことは表面上はわかりませんので、「客寄せパンダのような案件もあるかもしれないんだな」ということを頭に置いていただいたうえで案件を見ていただければと思います。

とにかくここでの注意点は、『すべての情報を鵜呑みにして、踊らされないようにすること』だと言えるでしょう。

 

 

 

 

5-4.希望条件に合った転職サイトを探す

 

求人サイトは数多く出てくるものですが、それぞれ得意分野もあれば不得意分野もあるものです。みなさんがお住まいの地域に関してはあまり担当者が開拓しきれておらず、もっている案件が少ないという可能性もあります。そのようなサイトをいくつも見ていても、当然なかなか理想の案件に出会うことはできませんよね。

そのあたりのことを押さえていただき、見ているサイトが何を得意としているのかということも視野に入れながら、いくつかのサイトを比較してみてください。病院の案件が得意なサイト、調剤薬局の案件が得意なサイト、パート・派遣薬剤師に強いサイトなど様々な特徴をもったサイトがありますので、「どのサイトを見ればいいのかわからない」という方は、当サイトの『条件から薬剤師転職サイトを探す』から検索してみてください。

より理想の職場に近づくためのさらなる近道になると思いますよ。

 

 

 

 

5-5.ブラック企業は求人案件を見ているだけでは見抜けない

 

これまでお話ししてきたように、求人サイトを見ているなかで、とても良い条件のものに出会うことも少なくないでしょう。「これは私の希望する条件にピッタリだ!」と思えるような案件を目にした時に、人はどうしても「ここに入社したい!」という気持ちがふつふつと湧いて出てきてしまうものです。

しかしここで少し冷静になっていただく必要があります。そのような好条件の職場であるのならば、誰もが放っておくはずはありません。「何か裏があるのでは…?」とまず疑ってかかるのが基本です。そのあたりは案件だけ眺めていてもやはりまったくわかりませんので、問い合わせをしていただいたうえで詳細を聞いてみるようにした方がいいでしょう。

サービス残業が横行している職場ではないか、過去の退職者の人数やその頻度がどうなのかということなどは、もちろん求人案件を見ているだけではわかりませんよね。そのあたりを正直に教えてくれるような求人サイトであるのならば、ある程度信頼してもよいのではないかと思いますし、そのような情報を聞いてから実際に応募するかどうか検討してみても良いのではないかと思います。

入社してみて初めてブラック企業だった…!なんてことのないようにくれぐれも注意してくださいね。

 

 

 

 

5-6.まとめ>求人サイトを使った転職についての注意点

 

求人サイトを使った転職における注意点についてお話してきましたがいかがでしたでしょうか。人はどうしても良い条件や良い情報を目にすると、良いことばかりを考えてしまいがちです。

考えられるありとあらゆるリスクに注意していただいたうえで、最終的に理想の職場に巡り合っていただくことができますように、心からお祈りしております!

 

 

 

 

6.求人サイトを使った転職での成功の秘訣

 

求人サイトを使って転職をしている世間の薬剤師のみなさんは、いったいどのようにして転職を成功させているのでしょうか。その秘訣とは…?

今回はそんな気になる『求人サイトを使った転職の成功の秘訣』について、実際に利用した方の体験談を交えながらお話ししていきたいと思います。

 

 

6.求人サイトを使った転職での成功の秘訣>見出し


6-1.求人サイトを使った転職を絶対に成功させるための3つの秘訣


6-2.実際に求人サイトを使った方の成功体験談・失敗体験談


6-3.まとめ>求人サイトを使った転職での成功の秘訣

 

 

 

 

6-1.求人サイトを使った転職を絶対に成功させるための3つの秘訣

 

求人サイトを使った転職を成功させるための秘訣は大きく分けて3つあります。それはどういったことなのでしょうか。解説していきたいと思います。

 

 

 

6-1.求人サイトを使った転職を絶対に成功させるための3つの秘訣>見出し

 

6-1-1.希望条件に合った求人サイトを利用する

 

6-1-2.良い担当者に巡り合う

 

6-1-3.転職先の本当の姿を聞き出す

 

 

 

6-1-1.希望条件に合った求人サイトを利用する

 

薬剤師のみなさんは、インターネットで薬剤師の求人を探される際、まず何らかの形で目にした求人サイトを利用されるのではないかと思うのですが、このように簡単に引っかかってくるような求人サイトは基本的に有名どころと言われる転職サイトが多く、利用者も多いものがほとんどです。なぜなら、莫大な広告費を払うことによって検索上位に表示されるようにしているか、そのサイトを見る方が多いために、必然的に検索の上位に上がってきているものだからなのです。

人はどうしても、検索の上位に上がってきているものに対して無意識で信頼をしてしまう部分があります。もちろん良い記事、良いサイトであるがために上位に表示されているのは間違いありません。しかしだからといって、それらの求人サイトがすべてみなさんに合っているかどうかはわかりません。むしろ案件に対する競争率が高くなってしまい、良い案件がなかなか簡単には見つからない可能性だってあります。

ここでみなさんにお伝えしておきたいことは、有名なだけの求人サイトを利用するのではなく本当にみなさんに合った求人サイトを利用していただきたいということです。そしてこれをまず初めに意識しておいてほしいのです。つまり、万人受けするサイトを利用するのが大事なのではなく、みなさんの希望されている条件にピッタリ合う案件を数多く扱っているような求人サイトを見つけ出していただくことが良い転職先を見つけ出すために最も大切なことであり、それが成功の秘訣なのです。

当サイトでも転職サイトの条件タイプ別おすすめとして、みなさんに合った転職サイトを探しやすくできるようにまとめていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

 

 

6-1-2.良い担当者に巡り合う

 

良い求人サイトに巡り合うことができた次の段階で大切なことは、相性の良い担当者に出会うことができるかどうかということです。もちろん相性というのは人それぞれ異なってきますので、これに関してはおすすめを説明するのは難しいのですが、いくらみなさんにピッタリの求人サイトに出会えたとしても、担当者と気が合わなかったり、案件の押し付けばかりしてくる…といったことがあるとウンザリしてしまいますよね。

そんな時はその求人サイトで無理に転職をしようとするのではなく、別のサイトにも登録してみたうえで担当者の比較をしていただくと良いでしょう。給料交渉なども担当者の方におこなってもらおうとお考えの方は、何でも話せる担当者のほうがもちろんいいですよね。話しにくい担当者だとそのあたりの話が意外とうまくいかなかったりすることもあるものです。

このようにして、相性の良い担当者を見つけ出すというのも大切な成功の秘訣だと言うことができます。

 

 

6-1-3.転職先の本当の姿を聞き出す

 

転職サイトに載っている案件の情報も、企業が出している会社案内や募集要項も、そのすべてが『良いこと』しか書いてありません。つまりその企業の表面しか見ていないのです。人は良いことばかり目にすると、どうしても良いイメージばかりを持ってしまいがちであり、職場の本当の姿がぼやけてしまったり、無意識のうちにあえて悪い部分は見ないようにしてしまったりすることがあるものです。「入社してしまえばなんとかなるだろう」くらいに考えてしまう方も少なくないのではないでしょうか。

やはりそのあたりは注意深く慎重に見極めていただきたいのですが、気になる案件は、その裏側までも徹底的に調べるようにしてください。人によって気になるポイントは違うとは思うのですが、昇給率や離職率、企業の成長率、残業時間の実際(平均残業時間ではダメです)などなど、入ってみてブラック企業だとわかった…!なんてことのないようにしてくださいね。

このことも理想の転職先を見つけるためには絶対に必要な成功の秘訣だと言えるでしょう。

 

 

 

 

6-2.実際に求人サイトを使った方の成功体験談・失敗体験談

 

ここで、求人サイトを使って転職をした方の体験談を載せておきますのでぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

6-2.実際に求人サイトを使った方の成功体験談・失敗体験談>見出し

 

6-2-1.成功体験談

 

6-2-2.失敗体験談

 

 

 

 

6-2-1.成功体験談

 

(30代後半・女性薬剤師 調剤薬局⇒調剤薬局)

私は今回で3回目の転職になります。求人サイトを利用しての転職は2回目なのですが、以前利用した時は勢いで前職を辞めて、急いで転職活動をしたので正直あまり時間がなく、よく調べようともせずに、妥協を重ねて転職したという感じでした。

しかし今回はキチンと調べ上げたうえで求人サイトに問い合わせをし、余裕をもって転職活動をスタートさせることができたので、本当に理想通りの職場に転職することができました。残業の少ない職場で離職率も非常に少ないという情報も担当者の方から事前に聞いていたので、良い職場に巡り合えたと思いますし、毎日がとても充実しています。

 

 

 

 

6-2-2.失敗体験談

 

(20代後半・男性薬剤師 病院⇒病院)

僕は去年結婚したのですが、年収が低い病院で働いていたこともあって、求人サイトで給料の高い病院の求人を探し出し、転職しました。年収としては50万円近くアップしたのですが、サービス残業が横行している職場で、毎日帰りが21時~22時になってしまいます。タイムカードを押してから1~2時間以上残るのが当たり前です。

募集要項では『残業少なめ』と書いてあったのですが、サービス残業が当たり前になっている職場だったため、見かけ上の残業時間が少なかったのだということが入ってみてわかりました。「お前それ、騙されたな~」ってその職場の先輩には笑って言われましたが、納得がいきません。そのあたりのことをもっと良く調べておけば良かったと後悔しています。そしてまた今、転職活動中です。

 

以上のようなものですが、このような体験談を見ると、注意しなければならないことがたくさんあるものだなぁという気持ちになりませんか?ぜひ参考にしていただければと思います。

 

 

 

 

6-3.まとめ>求人サイトを使った転職での成功の秘訣

 

求人サイトを使った転職についてお話ししてきましたがいかがでしたでしょうか。

人それぞれ希望や理想が違うものではないかと思うのですが、理想の職場に近づくための成功の秘訣が少しはおわかりいただけましたでしょうか。案件に書かれてあった内容と実際の現場の仕事内容がかけ離れていたなんてこともよく聞きますのでそのあたりの注意も必要です。

実際に利用された方の体験談なども参考にしていただき、より良い職場に巡り合っていただけますようにお祈りしております!

 

 

 

 

7.薬剤師の求人サイトを使った転職でのメリットとデメリット

 

薬剤師の求人サイトを使った転職には、メリットもあればデメリットも存在します。転職を検討中の薬剤師のみなさんはそのようなことを考えられたことはありますか?

今回は、求人サイトを利用するにあたって知っておいていただきたいメリット・デメリットについてお話しをしていきたいと思います。

 

 

 

7.薬剤師の求人サイトを使った転職でのメリットとデメリット>見出し


7-1.求人サイトを利用するメリット


7-2.求人サイトの知っておきたいデメリット


7-3.まとめ>求人サイトを使った転職でのメリットとデメリット

 

 

 

 

7-1.求人サイトを利用するメリット

 

まずは求人サイトを利用した転職のメリットから見ていきましょう。

 

■目的別・地域別に自分好みの条件で案件の検索ができる

求人サイトの専用ページで、『希望職種・希望地域・雇用形態(正社員orパート・派遣薬剤師など)』を入力すれば比較的簡単に案件の検索が可能です。

 

「この地域にはどんな求人があるのかな?」「隣の町はどんな感じだろう」といった具合に、いろんな地域の案件をサクッと比較できたりもします。

 

見ているだけでもけっこう楽しいですし、意外と掘り出し物の案件が簡単に見つかったりするかもしれませんよ。

 

 

■希望とは違う条件で検索することができる

時には違う職種の案件を検索してみたり、まったく違う地域の案件を覗いてみたり…。このようにいろんな案件を見ることで、今まで知らなかった新たな発見があるかもしれませんし、職場探しの幅が広がるかもしれません。

 

「別の職種にチャレンジしてみようかな」なんてお考えの方は、こんな感じで他の職種の案件を覗いてみるのもおもしろいかもしれませんね。

 

 

■好きな時にスマホでも検索が可能

何と言っても、好きな時に好きなだけ自分好みの条件で求人を検索できるというのが最大のメリットと言えるのではないでしょうか。

 

通勤途中の電車の中やベッドの中で眠りにつくまでのほんの5分の間だけ…なんて利用の仕方も可能です。

 

このように、誰にも邪魔されずに気軽に見ることができるというのも魅力的ですよね。

 

 

■求人サイトは数多く存在するため、比較検討することができる

もしひとつの求人サイトではなかなか良い案件が見つからなかった場合、別の求人サイトを見ることでひょっとしたらより理想に近い案件が見つかるかもしれません。そんな時でも担当者に断りの連絡を入れるなどの必要もありませんよね。

 

このように、誰にも気を遣うことなく、いろんなサイトを渡り歩いて案件を探せるのも魅力のひとつでしょう。

 

 

■登録することで転職のプロが無料でサポートしてくれる

そして気になる案件が見つかった場合、実際にその転職サイトに登録すれば転職のプロであるコンサルタントがそこからの転職活動を徹底的にサポートしてくれます。さらにすべて無料で利用が可能。オプションで別料金がとられるような心配もありません。

 

なかなか言いにくい給料交渉なども代わりにおこなってくれますし、場合によっては面接同行サービスをおこなっているような求人サイトもありますので、面接が苦手だという方にとっては心強いサービスですよね。

 

 

■転職お祝い金をもらえることがある

そして見事、内定をもらうことができ、無事に入社することができれば、転職お祝い金をいただけることもあります。なかには正社員での転職で、10万円もの大金を手にすることができるような場合もあります。

 

転職活動をサポートしてくれたうえにお祝い金までもらえるなんて、まさに良いこと尽くしですよね。

 

 

 

 

7-2.求人サイトの知っておきたいデメリット

 

さてここまで、メリットについてお話してきましたが、もちろんメリットばかりではありません。人によって感じ方は違うかもしれませんが、その裏側にあるデメリットについても見ていきましょう。

 

■案件への応募まで、若干のタイムラグが生じる

公開求人を検索しているなかで気になる案件が見つかった時、いざ問い合わせをしてみたら募集が終了してしまっていたなんてことがまれにあります。

 

やはりどうしても案件が掲載されるタイミング、他の薬剤師の方が応募するタイミング、その募集案件を見た別の薬剤師の方が問い合わせをしたタイミング…などなど、それらのタイミングによっては多少のタイムラグが生じてしまうということはあります。

 

担当者と直接やりとりをするまでに若干時間がかかってしまうということもあり、すべてをリアルタイムにおこなうのは難しいかもしれません。

 

せっかく良い案件に出会えたと思っても、募集が終了してしまっていればちょっとガッカリしてしまいますよね。

 

 

■非公開求人は登録しないと見ることができない

公開求人の閲覧は、手軽に自分のペースで見ることができるというメリットはあるのですが、一方で誰でも見ることのできる案件しか見られないということも言えると思います。

 

やはり詳しい情報や非公開求人などを見ようと思った場合には、サイトへの問い合わせが必要であり、ちょっと煩わしさは感じてしまうかもしれませんね。

 

 

■ひとつのサイトだけでは案件を網羅することができない

求人サイトを比較検討することはできても、それらすべてのサイトに登録するわけにはいかないでしょうし、各サイトがどの程度の非公開求人を持っているかは見かけ上はわかりません。

 

実はもっと良い案件がたくさん眠っているかもしれないのに、それを知ることもなく転職先を決めようとしている…なんて状況が出てくるかもしれません。そう思うとちょっともったいない感じはしますよね。

 

やはりいくつかの求人サイトに登録したうえで非公開求人も含めて徹底的に案件を比較してみたいものです。

 

 

 

7-3.まとめ>求人サイトを使った転職でのメリットとデメリット

 

求人サイトを利用するにあたってのメリット、デメリットについてお話してきましたがいかがでしたでしょうか。

 

もちろん、それをメリットと感じるのか、デメリットと感じるのかは人によって違ってくるのではないかと思います。

 

これらのことを含めて良い転職活動に繋げていただくことができましたら幸いです。

 

 

 

 

8.転職紹介会社を使った薬剤師の転職について

 

薬剤師の方が転職をする際、今、最も利用されている方法は『転職紹介会社に登録したうえで案件を紹介してもらう』という方法なのではないでしょうか。みなさんご存知のように、この業界はまだまだ薬剤師不足の地域が多く、薬剤師に対する需要は高い状態が維持されています。

今回は転職紹介会社に登録した際、『実際にどんな連絡がくるのか、どんな対応をする必要があるのか』ということについてみなさんにわかりやすくお話させていただければと思っておりますので、よろしくお願い致します。

 

 

8.転職紹介会社を使った薬剤師の転職について>見出し

 

8-1.転職紹介会社の登録から紹介パターンまで

 

8-2.案件紹介

 

8-3.応募から面接、内定まで

 

8-4.まとめ>転職紹介会社の登録から紹介パターンまで

 

 

 

 

8-1.転職紹介会社の登録から紹介パターンまで

 

転職紹介会社とひとことで言っても世の中にはたくさん存在し、同じ会社であっても地域や担当者の違いなどによって少し流れが違ったりするものです。

ここでは、みなさんがイメージしやすいように様々なパターンを紹介していきたいと思います。

 

 

8-1.転職紹介会社の登録から紹介パターンまで>見出し

 

8-1-1.まずは薬剤師専用の転職紹介会社のサイトに登録する

 

8-1-2.転職紹介会社の登録から紹介パターンまで

 

 

 

 

8-1-1.まずは薬剤師専用の転職紹介会社のサイトに登録する

 

転職紹介会社の利用には、まずインターネットでの登録が必要です。

転職先の希望(調剤薬局×正社員×地域など)、氏名、電話番号、メールアドレス、住まれている地域(都道府県・市区町村)など、必要最低限の情報を入力するだけです。

ここでは細かい希望条件を入力する必要はほとんどありませんので、あまり深く考えず、簡単に登録までおこなっていただけるのではないかと思います。

 

 

 

 

8-1-2.登録した転職紹介会社から電話で連絡がくる

 

登録が完了すると、近日中に担当者もしくはオペレーターの方から連絡がきます。ここから、みなさんの職歴や希望職種、希望年収などの細かいお話しをしていくことになっていきます。

ちなみにこの先は、転職紹介会社によって3パターンほどにわかれます。

 

■担当者と直接会ってさらに細かい条件をお話する

■電話連絡のみで細かい情報をすべてお話したうえですぐに案件紹介へとうつる

■電話連絡の後、履歴書や職務経歴書を作成し、提出したあとに案件紹介がスタートする

 

以上のようなものです。

 

多少「面倒だな」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、ここでしっかりとみなさんの希望をお話しておかないと、希望とはズレた案件を紹介してこられるかもしれません。駅の近くで働きたいと言っても、徒歩1分圏内なのか徒歩10分までならOKなのかなど、微妙なニュアンスをお伝えしておく必要があるのではないかと思いますので、そのあたりはみなさんが納得いくまでお話をしていただければ良いでしょう。

 

このようなことからもおわかりいただけるのではないかと思うのですが、電話連絡がくるまでには細かい希望をまとめておいて、お話がスムーズに進むようにメモなどをとっておいてもらうと良いかと思います。

 

ちなみに、『うまく希望条件を聞き出す』というのも転職紹介会社の担当者の腕の見せ所でもありますので、担当者の質がどの程度のものなのかということも、このあたりから見極めていくことができるかと思います。ちょっと意識しておいてみてくださいね。

 

みなさんの人生における大きなイベントの一つでもある転職に対して、真剣に向き合ってお話をしてくれているのか、それとも多数の転職希望者の中の一人として捉えられ、とにかく早く転職させようとしているのか…といったことを見極めるのも重要です。

 

ここで担当者との相性なども推し量ることもできるのではないかと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

 

8-2.案件紹介

 

希望条件をお伝えすることができれば、いよいよ案件紹介へとうつります。

ここでも紹介会社や担当者によって紹介の仕方は実に様々ですが、いろんなパターンを紹介していきたいと思います。

 

 

8-2.案件紹介>見出し

 

8-2-1.20社ほどの案件を一気に紹介してくれる

 

8-2-2.3社ほどの案件をピンポイントで紹介してくれる

 

8-2-3.1社のみ紹介してくれるだけで、連絡が途絶える

 

8-2-4.まったく紹介してくれない

 

 

 

8-2-1.20社ほどの案件を一気に紹介してくれる

 

とにかくたくさんの案件を紹介してくれます。少し希望条件から外れているものも含まれているかもしれませんが、いろんな案件を見比べることができるというメリットはあるでしょう。

 

このようにたくさんの案件を紹介してくれるような紹介会社は、仮にその中で理想の職場が見つからなかったとしても、継続的に案件を紹介してくれるような場合がほとんどなのではないかと思います。

 

 

 

 

8-2-2.3社ほどの案件をピンポイントで紹介してくれる

 

「希望条件から外れているものを見るなんて時間がもったいない」と感じるような方には理想的な紹介の仕方かもしれません。

 

この3社の中から理想通りの職場が見つかれば、時間的な効率も非常に良いですよね。

 

ただし、「もっと他の案件もたくさん見てみたい」と感じられる方もいらっしゃるかもしれませんし、前項でも述べたように、担当者との相性によっては微妙にズレた案件を紹介してこられるかもしれません。

 

そうなってしまうと、また担当者と希望条件の微妙なすり合わせをしなければならない…といった手間がかかってしまい、ちょっと面倒くさく感じてしまうかもしれませんね。

 

 

 

 

8-2-3.1社のみ紹介してくれるだけで、連絡が途絶える

 

電話連絡の後、1社のみ紹介されただけでパタッと連絡が途絶えてしまうような会社もあります。

 

紹介先が見つからないのか、忘れられているのかはわかりませんが、連絡はしてほしいものですよね。

 

ひょっとすると希望した職種は苦手としているような会社かもしれませんし、希望地域はまだ未開拓なのかもしれません。

 

いずれにしてもそのような会社での転職は言うまでもなくお勧めはしませんが、実際にそのような会社もあるということを知っておいていただければと思います。

 

 

 

 

8-2-4.まったく紹介してくれない

 

登録後、1ヶ月が経ってもまったく紹介をしてくれないような会社もあります。

 

住んでいる地域を得意としていないのか、希望した職種には弱い会社なのかそのあたりはわかりませんが、そのような会社でじっくり案件紹介を待つというのは得策とは言えないでしょう。早めに見切りを付けていただければ良いのではないかと思います。

 

 

 

 

8-3.応募から面接、内定まで

 

案件紹介後、気になる案件が出てきた際は、見学もしくは面接へと進んでいきます。

その際、日取りはすべて担当者の方がセッティングしてくれますので、直接企業とやりとりをすることはまずないでしょう。

 

そして面接後、みごと無事に内定をもらうことができたら、次はさらに条件交渉をしてもらえれば良いのではないかと思います。その際、給料交渉や交通費支給の交渉なども担当者の方がおこなってくれますので、ある程度、強気の希望を言ってみてもいいかもしれません。よほどのことがない限り、内定取り消しのような事態にはまずならないと思ってもらって良いでしょう。

 

そのあたりの交渉も積極的におこなってくれるような担当者に出会うことも、より良い条件で転職を成功させるためには重要な要素であると言えるのではないでしょうか。

 

 

 

 

8-4.転職紹介会社を使った薬剤師の転職について>まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

転職紹介会社を使った転職についてお話をしてきましたが、だいたいの流れやいろんなパターンについておわかりいただけたのではないでしょうか。

 

もし登録を検討されているような方はぜひ参考にしていただき、より良い転職活動をしていただくことができますように心からお祈りしております!

 

 

 

 

9.転職紹介会社を使った薬剤師の転職の注意点

 

転職紹介会社を使った転職は非常に効率的で、とても便利なものです。しかし利用するにあたっては、いくつかの注意点があります。今回はそんな転職紹介会社を利用する際の注意点についてみなさんにお話しできればと考えておりますので、よろしくお願い致します。

 

 

9.転職紹介会社を使った薬剤師転職の注意点>見出し

 

9-1.転職紹介会社に登録する際の注意点

 

9-2.1社目に最初に紹介された案件にすぐには決めてしまわないこと

 

9-3.転職紹介会社の担当者の性格や質には要注意!

 

9-4.転職紹介会社を使った薬剤師転職の注意点>まとめ

 

 

 

9-1.転職紹介会社に登録する際の注意点

 

いざ、転職紹介会社に登録しようと思った時、みなさんはどのような状況でしょうか。

 

正社員として忙しく働いていらっしゃる真っただ中でしょうか?それとも子育てが一段落して働きに出ようかな?と考えていらっしゃるような状況でしょうか…?

 

いずれにしても、転職紹介会社に初めて登録する際には、事前に把握しておいていただきたい注意点がいくつかあるものですので紹介させていただきたいと思います。

 

 

9-1.転職紹介会社に登録する際の注意点>見出し

 

9-1-1.複数の転職紹介会社に登録しておけばホントに大丈夫?

 

9-1-2.登録するタイミングには要注意!!

 

 

 

9-1-1.複数の転職紹介会社に登録しておけばホントに大丈夫?

 

転職紹介会社を利用しようとされているみなさんは、きっといろんなサイトで下調べをされていることでしょう。その際、ほとんどのサイトでこのように書かれているのではないでしょうか。『ひとつの紹介会社だけではなく、少なくとも3つの紹介会社には登録するようにしてください』と。

 

結論から申し上げますと、まさにその通りです。それは間違いではありませんし私も同じように考えています。しかし、その登録する紹介会社がどこでも良いかと言うと、答えはNOです。もちろんきちんと選ぶ必要があります。

 

転職紹介会社には全国規模の大手から地域限定、または個人で運営されているような会社まで実にたくさんのものが存在します。そのなかで、みなさんが希望されている職種に強く、さらにみなさんの住まれている地域にも強い紹介会社を選んでいただかなければなりません。つまり、ただ全国的に評判が良く、大手であるというだけで安心してしまってはいけないということなのです。

 

ここで筆者の話で恐縮なのですが、私も薬剤師であり、過去に転職の経験があります。お恥ずかしい話、以前は全国的に有名な転職紹介会社に登録しておけば安心だと思っていました。しかし、誰もが知っているような有名な紹介会社に登録したにも関わらず、紹介してくれた案件は2か月の間にわずか一件だけでした。

 

あとでいろいろ調べてみてわかったことなのですが、私の住んでいる地域は担当者がほとんど開拓しておらず、一件しか紹介してくれなかったのはたまたまではなく必然だったようなのです。この時の担当者はそんなこと教えてくれませんでした。

 

このように、もし登録した紹介会社が案件をあまり紹介してくれないようなことがあれば、ある程度早めに見切りを付けていただき、また別の紹介会社に登録するなどして、より効率的な探し方をしていただいた方が良いのではないかと思います。

 

このあたりは、まず最も大切な注意点のひとつになりますのでしっかりと押さえておいていただければと思います。

 

 

 

 

9-1-2.登録するタイミングには要注意!!

 

さて、複数の転職紹介会社に登録していただく必要があるということはおわかりいただけたとは思うのですが、その登録するタイミングについても注意が必要です。

 

なかには案件の穴をなくすために「よ~し!10社くらいに登録してやろう!」と張り切ってしまわれる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

しかし転職紹介会社に登録した際には必ずその紹介会社から連絡があります。つまりその連絡にひとつずつ対応しなければならないのです。一気に10社もの会社に登録してしまうと、それこそ10社から一気に連絡がきてしまい、その対応だけでもうんざりしてしまいます。そうなってしまうと転職活動どころではありませんよね。紹介会社への対応がおざなりになってしまう可能性もあり、みなさん自身の印象も悪くなってしまった結果、良い案件を紹介してくれなくなってしまうかもしれません。

 

このようなことから、できれば1~2社ずつゆっくり登録を行うなどして、ある程度ゆとりをもった対応ができるようにしておいて頂くことをお勧めします。

 

なかには面談が必要なところや、職務経歴書の提出を求めてくるような紹介会社もありますので、じっくりと計画的に登録するようにしてくださいね。

 

 

 

 

9-2.1社目に最初に紹介された案件にすぐには決めてしまわないこと

 

ここで、初めて紹介会社に登録される方が陥りやすいパターンについてお話ししておきたいと思います。

 

どの紹介会社も最初に紹介してくれる案件は、自信のある良い案件であることがほとんどです。そのインパクトの大きさに思わず「ここに転職したい!」と心が大きく動かされてしてしまうような方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし注意しておいていただきたいことは、そんな案件にはすぐに飛びつこうとせずに、ある程度いろんな案件を見てから総合的に決めていただきたいということです。

 

どうしても人は初めに紹介された案件のインパクトが強すぎると、他の案件を少し軽くみてしまいがちです。言い換えれば、最初の案件を基準にしてしまい、少しでも最初の案件よりも劣るポイントを見つけてしまった場合、たちまちその案件からは目をそらしてしまいます。よく話を聞くとひょっとしたら良い案件かもしれないのに…。

 

何はともあれ結果的には良い職場に転職していただければそれで良いのですが、『最初の案件は印象に残りやすく、他の案件は少し軽く見てしてしまいがちになるものだ』と頭の片隅にでも置いといてもらえれば良いのではないかと思います。

 

洋服を買いに行っても、なんだかんだ言って最終的には最初に見た服を買うことになっていた…ということは誰しも経験があることなのではないでしょうか?

 

このような意識を持っていただくことも大切な注意点だと言えるでしょう。

 

 

 

 

9-3.転職紹介会社の担当者の性格や質には要注意!

 

担当者のなかには、案件を紹介したあと、やたらと急かしてくるような方もいらっしゃいます。

 

「こんな案件二度と出てこないですよ。」「これを逃したら他はほとんど無いと思ってください。」「とにかく早く応募してみないとこの職場の良さは何もわかりませんよ。」

 

こんな感じで、こちらのペースもお構いなしにグイグイ押してくるような方もいらっしゃるのです。ちょっと嫌ですよね。

 

このように、担当者がやたらと急かしてくるような場合は少し警戒してもらった方が良いのではないかと思います。

 

もしかすると担当者の立場からすれば、早くみなさんに転職先を決めてもらって、次の転職希望者にうつろうとしているだけなのかもしれませんからね。

 

本当にみなさんが良い職場に転職してほしいと心から願って案件紹介をしているような担当者の方は、そんなにグイグイと押してはこないはずです。担当者の性格にもよるのではないかと思うのですが、そのあたりしっかりと見極めるようにしてくださいね。

 

薬剤師の転職希望者は、まだまだ後を絶たないような状況ですし、ただ件数をこなそうとだけ考えているような担当者の方も残念ながら存在しているものですから。

 

 

 

 

9-4.転職紹介会社を使った薬剤師転職の注意点>まとめ

 

転職紹介会社を使った転職における注意点についてお話ししてきましたがいかがでしたでしょうか。

 

複数の転職紹介会社に登録することは必要だとは思うのですが、その登録するタイミングや選定も重要であり、慎重に案件を比較していただくことも大切です。

 

今回の記事を少しでも参考にしていただき、スムーズな転職活動をしていただくことができましたら幸いです。

 

 

 

 

10.転職紹介会社を使った薬剤師転職の成功の秘訣

 

転職をしようと思った時、まず頭の中に浮かんでくるのは「今よりも働きやすいところで働きたい!」という気持ちだったりしませんか?ただし、予備知識なしに転職活動をスタートさせても、どこかで思わぬ失敗をしてしまい、あとで後悔することが出てきてしまう可能性があります。

 

長い人生の中でも大きなイベントである転職活動。失敗したくはありませんよね。

 

今回はそんなみなさんのために、転職紹介会社を使った転職を成功させるための秘訣をお話しさせていただければと思います。

 

 

10.転職紹介会社を使った薬剤師転職の成功の秘訣>見出し

 

10-1.絶対に譲れない条件と妥協できるポイントを事前に考えておく

 

10-2.入社してからの数年後~数十年後のシミュレーションをしておくこと

 

10-3.担当者との面談の出来によって、紹介される案件は劇的に変わる

 

10-4.転職紹介会社を使った薬剤師転職の成功の秘訣>まとめ

 

 

 

10-1.絶対に譲れない条件と妥協できるポイントを事前に考えておく

 

さて、転職先に求めるものとしてみなさんが思い描かれるものはいったいどんなものでしょうか?

 

「今の職場よりも良ければいい。」という、なんとなく漠然としたものだったりしませんか?もし思い当たる節があるというのであればちょっと危険ですよ。なぜならそれは、あくまで今の職場が基準になってしまっているということだからです。

 

まず初めにみなさんに注意しておいていただきたいことは、『今の職場よりも』というところに基準を置くのではなく、あくまでみなさんが理想とする働き方を追求していただきたいということです。これは転職紹介会社を利用するうえで、最も大切にしていただきたい成功の秘訣でもあります。

 

それではどのように考えていけば良いのでしょうか。

 

ここからは『今の職場』をあまり基準にしすぎるのではなく、あくまで参考にしながらみなさんの理想とする条件を考えていってみてください。

 

 

10-1.絶対に譲れない条件と妥協できるポイントを事前に>見出し

 

10-1-1.これだけは譲れないという条件は絶対にブレないようにすること

 

10-1-2.逆に妥協できるポイントを持っておくこと

 

 

 

10-1-1.これだけは譲れないという条件は絶対にブレないようにすること

 

例えば何となく年収600万円以上で転職したいと思い、担当者にそのように伝えていたとします。そして紹介された案件のなかに、理想通りで完璧だと思えるような求人案件があったとします。ただし年収は570万円。

 

さてそんな時、みなさんならどう判断されますでしょうか?この30万円の差は初めから譲れない条件だったでしょうか…。はたまた妥協できる条件だったでしょうか…?もしきちんと決めていなければ悩んでしまいますよね。

 

このように、希望条件からは少しズレているけれど「これぐらいなら我慢できるし、まあいいか」と思えるような条件なのか、「いや、絶対に譲れない!」と考える条件なのかによってまったく転職先は異なってきますよね。こういったことは事前にしっかりと決めておかないと簡単にブレが生じてきてしまうものです。

 

まずは絶対に譲れない条件というものを事前に決めてしまいましょう。

 

そして「コレ!」という条件を決めてしまったのならそこからブレないように探しましょう。

 

そして担当者の方にもその旨ハッキリと言うようにしておいてください。ハッキリしないと、担当者も案件探しに迷いが出てきてしまいますからね。

 

ちなみに…なんですが、年収は紹介会社の担当の方に交渉してもらうことによってクリアできるかもしれない条件ですので、初めから妥協できるポイントと考えるのはちょっともったいない感じはしますよね。

 

特に入社後、定期昇給で年収を30万円アップさせようと思ったら、かなりの年月が必要になってしまうのは容易に想像していただけるのではないでしょうか。

 

 

 

 

10-1-2.逆に妥協できるポイントを持っておくこと

 

絶対に譲れない条件を決めてもらったら、次はある程度ゆとりをもって妥協できるようなポイントも考えておいてもらった方がいいでしょう。というのも、あまりにもガチガチに譲れない条件で固めてしまうと、ほとんどの案件がふるい落とされてしまう可能性があるからです。それでは良い転職活動だとは言えません。

 

人によって違いはありますが、例えば通勤時間を例に考えてみましょう。

 

「絶対に片道30分以内の職場がいい!」と決めてしまって探し始めても、なかなか良い案件が見つからなかった場合。そんな時、人はどこかで妥協ポイントをなんとか作ろうとしてしまうものです。

 

例えばここでは「通勤時間はできれば30分前後」というように、初めから少しゆとりを持って探し始めてみるとちょっと案件の幅が広がる可能性があります。

 

もちろん人によって考え方の違いはあると思いますので、あくまで参考程度に捉えていただければと思うのですが、事前にある程度妥協できることとできないことをしっかりと決めておかないとブレブレの転職活動になってしまい、あとでいろんなところから不満が出てきてしまう可能性が高くなってしまいます。

 

絶対に譲れない条件と妥協可能ポイントを事前に紙に書き出しておくと、スッキリと整理ができて良い転職活動ができるのではないかと思いますので、ぜひ試してみてください。

 

そしてそのことを担当者にもしっかりと伝えるようにしておいてください。

 

そうすることで、担当者もある程度ブレずに案件探しができ、より良い案件を紹介してくれるようになることでしょう。

 

 

 

 

10-2.入社してからの数年後~数十年後のシミュレーションをしておくこと

 

絶対に譲れない条件はすべて満たしており、妥協ポイントも許容範囲内だという職場が見つかったら、次はその職場での将来もしっかりと見据えておいていただければと思います。

 

転職直後は良くても、例えば昇給率があまりにも低い会社だったり、出世していかないと端っこに追いやられて肩身の狭い思いをすることになってしまうような職場かもしれません。そしてそのことが長く続けられない理由になってしまうかもしれませんよね。

 

実際にみなさんが数年後、数十年後も満足しながら働くことができる会社なのか考えておくことはとても大切です。その職場でどのように過ごすのか、将来のキャリアをどのように考えるのか…。少し考えるのは難しいと思われるかもしれませんが、現時点で考えられる範囲のことだけでもいいので、忘れずにしっかりとシミュレーションしておいていただければと思います。

 

わからないことや不安なことが出てくるようであれば、担当者を介してその企業に聞いておき、不安などを解消してから入社を決めるようにしてくださいね。

 

 

 

 

10-3.担当者との面談の出来によって、紹介される案件は劇的に変わる

 

転職紹介会社の担当者にもいろんなタイプの人が存在します。そしてその担当者の頭の中にある数々の案件のなかでも優劣はあるものです。

 

担当者も、「良い人材にはより良い職場を紹介したい」と考えているもの。なぜなら、そのことで担当者自身の評価も上がるからです。

 

ここで少し視点を変えてみてください。

 

みなさんが逆に担当者の立場になったとして、もしもあまり印象の良くない転職希望者を担当したとしたら…?これまで良好な関係を築いている、とっておきの案件は正直あまり紹介したくありませんよね。なぜなら紹介先からの担当者自身の評価が下がってしまうといった危険性もあるからです。「とんでもない薬剤師を紹介してくれたな!」と怒られてしまうようなこともよくあるみたいです。

 

このように、担当者のさじ加減で紹介してくれる案件が変わってくるということはありますし、これは意外と大きな要素なのです。

 

つまり、紹介会社の担当者の方との面談から勝負は始まっていると言っても過言ではありません。とにかく担当者に好印象を与えることも重要です。

 

このことを意識し、担当者との面談を大切にしていただくということも成功の秘訣だと言えるでしょう。

 

 

 

 

10-4.転職紹介会社を使った薬剤師転職の成功の秘訣>まとめ

 

紹介会社を使った転職を成功させるための秘訣についてみなさんにお話してきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

絶対に譲れない条件は妥協してはいけないとは思うのですが、ある程度の妥協ポイントはつくっておかないとなかなか良い案件には巡り合えないのも事実です。

 

また、みなさんの思いや感情を一方的にぶつけてしまっても、最終的に担当者が良い案件を紹介してくれなければ意味がありません。担当者との面談を大切にし、みなさんの人柄なども合わせて理解していただくことが重要です。

 

それでは少しでもこの記事を参考にしていただき、転職活動を無事成功させていただくことができましたら幸いです。

 

 

 

 

11.転職紹介会社を使った薬剤師転職のメリットとデメリット

 

薬剤師の転職希望者の大多数の方が利用していると言っても過言ではない転職紹介会社。みんなが利用していると聞けばちょっと安心ではありますよね。

 

ただ、利用者数が多く、さらにその利用料が一切かからないからといってすべてが安心かというとそうではないこともあります。メリットもあれば当然デメリットも存在するものです。

 

今回は、そんな転職紹介会社を使った転職におけるメリット・デメリットについてお話しをしていきたいと思います。

 

 

11.転職紹介会社を使った薬剤師転職のメリットとデメリット>見出し

 

11-1.転職紹介会社を使うメリット

 

11-2.転職紹介会社のデメリット

 

11-3.より良い転職活動をおこなうために大切にしたいこと

 

11-4.転職紹介会社を使った薬剤師転職のメリットとデメリット>まとめ

 

 

 

11-1.転職紹介会社を使うメリット

それではまず、転職紹介会社を使うことのメリットからお話していきたいと思います。

 

 

11-1.転職紹介会社を使うメリット>見出し

 

11-1-1.専任のコンサルタントが付いてくれる

 

11-1-2.就業中であっても転職活動ができる

 

11-1-3.業界の動向や企業の詳細情報について聞くことができる

 

11-1-4.より良い条件での転職が可能

 

11-1-5.履歴書や職務経歴書のチェックや面接のアドバイスをくれる

 

 

 

11-1-1.専任のコンサルタントが付いてくれる

 

転職紹介会社に登録すると、まず専任のコンサルタント(以下、担当者)が付いてくれます。この担当者は言わば『転職のプロ』です。転職活動に関してはすべて何でも教えてくれると言っても過言ではありません。

 

みなさんは薬剤師のプロであっても転職活動に関しては不慣れな方が多いですよね。そんなみなさんの転職活動を徹底的にサポートしてくれる力強い味方が付いてくれるというわけです。

 

ひとりで転職活動をするよりも、プロが付いてくれたうえで転職活動ができるというほうがよっぽど心強くはありませんか?しかも無料で利用できるとなると、ただただありがたいですよね。まずは転職紹介会社を利用するうえでの最大のメリットと言うことができるのではないでしょうか。

 

 

 

 

11-1-2.就業中であっても転職活動ができる

 

正社員として日々忙しく働いていらっしゃる最中であっても、育児に家事に毎日追われているような主婦の方であっても大丈夫です。基本的に良い案件を探し出してきてくれるのは担当者なので、みなさんはただ待っているだけで良いのです。

 

もちろん登録後、みなさんの希望職種や希望条件などの詳しい話をする必要はありますが、ほんの1~2時間程度で終わるような場合がほとんどです。

 

案件紹介は基本的にメールで送られてくることが多いとは思うのですが、紹介会社の中には携帯電話専用のアプリが利用できるような会社もあり、そのような会社では通勤電車の中やお昼休憩の時など、いつでもどこでもリアルタイムに案件を確認することができます。

 

いずれにしてもみなさんの生活スタイルをあまり崩さずに転職活動ができるというのは大きなメリットですよね。

 

 

 

 

11-1-3.業界の動向や企業の詳細情報について聞くことができる

 

転職紹介会社にはあらゆるノウハウが蓄積されているものです。例えば今後の薬剤師業界の動向や企業の方針・実際の経営状態まで…。

 

そんな、企業には直接なかなか聞きにくいような詳細情報も転職紹介会社は把握している場合が多いもの。

 

よくある話なのですが、掲載されている離職率なども、実は企業によって基準が異なっていたりするものなのです。まあ離職率の明確な定義などはありませんからね。

 

例えば、従業員全体の離職率ではなく、『過去3年の間、就業1年以内での離職率』というように、但し書きが実はついている…というものもあります。もちろん募集要項にはそんな但し書きは載せずに、あたかもこれまでの全体の従業員の実績として見えるような形で『過去3年間の離職率0!』と堂々と謳っているような企業も実際には存在するのです。

 

このような例の会社で考えた場合、ひょっとすると過去3年間の入社者数自体が2人しかおらず、そのどちらも1年以内には辞めなかっただけなのかもしれませんからね。

 

このように気になる詳細なウラ情報も、転職先を選定する際にはより重要な要素となってきますよね。

 

 

 

 

11-1-4.より良い条件での転職が可能

 

給与交渉や住宅手当の金額などの条件交渉も担当者が代わりにおこなってくれます。これはとても心強いものです。

 

大手の企業などでは内規で昇給率や中途採用の年収規定などがある程度決まってしまっていることが多いものですが、中小企業においては意外とザックリ決めているところもあるものです。

 

初めから低い年収で雇うことができれば企業としてはある意味ラッキーなのですが、みなさんの経歴やキャリアによっては、実はもっと高年収を提示してでもぜひ来てほしいと思っているかもしれません。ただ面接でそのあたりの突っ込んだ話を堂々とできる方はなかなかいらっしゃらないですよね。どうしても遠慮してしまいがちになってしまいませんか?

 

そんな言いづらい条件交渉も担当者が代わりにおこなってくれますので、ぜひ頼りにしたいところ。

 

より良い条件で転職したいという方は欠かせないかもしれませんね。

 

 

 

 

11-1-5.履歴書や職務経歴書のチェックや面接のアドバイスをくれる

 

薬剤師のみなさんの中には、面接や履歴書の記入などは不慣れで苦手だという方もいらっしゃいますよね。

 

ただし、やはりこのあたりでも他の転職希望者の方とは差を付けておきたいところではないでしょうか。

 

転職紹介会社の中には、そのあたりの添削やアドバイスをおこなってくれるような会社もあります。文章を書くのがちょっと苦手だという人などにとっては一度専門家にチェックしてもらえるというのはありがたいですよね。

 

応募先の企業によっても特徴はまちまちですので、面接でその企業の特徴に応じた質問などができればさらに印象は良いですよね。そのあたりのアドバイスをくれるのも転職紹介会社を利用する大きなメリットだと言えるのではないでしょうか。

 

 

 

 

11-2.転職紹介会社のデメリット

 

さて、ここまでメリットについてお話ししてきましたが、デメリットについてもしっかりと把握しておきましょう。

 

 

11-2.転職紹介会社のデメリット>見出し

 

11-2-1.時間の無駄になることもある

 

11-2-2.希望の職場が探せないこともある

 

11-2-3.担当者によって質がバラバラ

 

 

 

11-2-1.時間の無駄になることもある

 

登録した転職紹介会社との相性が悪かったり、質が低かったりした場合、登録から面談に費やした時間などが無駄になってしまうこともあります。

 

登録した後に職務経歴書や履歴書の提出を求めてくるような会社もあるのですが、かなりの時間を費やしたわりに、案件をまったく紹介してくれないというような会社もあるということはよく耳にします。

 

希望職種に対してあまり積極的に営業活動をしていない紹介会社なのかもしれませんが、登録前にはそのあたりわからない部分もありますよね。まさかまったく紹介してくれない紹介会社があるだなんて、利用された経験のない方は考えもしないことなのではないでしょうか。

 

転職紹介会社を利用する際は、そのようなこともあるということを頭の片隅に置いてもらったうえで利用していただくと良いでしょう。

 

 

 

 

11-2-2.希望の職場が探せないこともある

 

薬剤師のみなさんは無料ですべてのサービスが利用できるのですが、薬剤師の募集をしている企業からすれば、採用が決まった場合、莫大な費用が発生します。

 

このようなことから、そもそも転職紹介会社を介した募集をおこなっていないような企業も存在するというわけです。

 

つまり裏を返せば、転職紹介会社を利用すればすべての案件が網羅できるというわけではないということです。

 

特に資金が豊富ではない個人経営の薬局などを転職先として希望されるような方は、転職紹介会社を介した転職活動ではなかなか良い案件が見つけられないかもしれません。

 

そんな場合は求人広告や求人雑誌などで地道に探した方が意外とあっさり見つかるかもしれませんね。

 

 

 

 

11-2-3.担当者によって質がバラバラ

 

口コミや体験談などで良いことばかり書かれているような大手の転職紹介会社であったとしても、みなさんに付いてくれる担当者の質が低かった場合、満足に転職活動ができないことがあります。他の人が利用して良かったというものであっても、みなさんとの相性が良いかどうかはわかりませんよね。

 

いろんな方の口コミや噂を参考にされるのは良いとは思うのですが、あまり鵜呑みにしすぎてしまうのは少し危険です。

 

担当してくれる方の人間性などもかなり重要になってきます。

 

いくら『転職を希望している薬剤師』と『転職のプロ』とはいっても、人と人との話になってきますので、相性が合わない人どうしであった場合、満足のいく転職活動からは遠ざかってしまうかもしれません。

 

担当してくれる方が経験の浅い新人だということも可能性としてはあるものなのです。

 

 

 

 

11-3.より良い転職活動をおこなうために大切にしたいこと

 

転職紹介会社を利用して転職をしようと思った時、やはり気を付けておいていただきたいことは、より良い担当者に巡り合っていただくということです。

 

どんなに良い紹介会社であっても、どんなに案件数が多くても、その中から案件を選び抜いてみなさんに紹介してくれるのは担当者なのです。そこの相性が良くないと、いくら良い案件がすぐそばにあったとしても、みなさんの元には届かないかもしれません。また、面接日程の調節や給与交渉、入社日の相談など、入社するまではほとんどこの担当者を介して連絡・相談をするものです。

 

信頼のおける担当者に巡り合うことができるかどうかで転職活動は大きく変わります。

 

ぜひそのあたりのことも意識したうえで転職活動をおこなってくださいね。

 

 

 

 

11-4.転職紹介会社を使った薬剤師転職のメリットとデメリット>まとめ

 

転職紹介会社を利用するにあたってのメリット・デメリットについてお話してきましたがいかがでしたでしょうか。

 

あまり難しく考えすぎる必要はないと思うのですが、メリットもあればデメリットもあるということがおわかりいただけたのではないでしょうか。

 

いずれにしても良い出会いが、より良い未来へとつながっていくということは言えるのではないかと思います。

 

ぜひ今回の記事を参考にしていただき、より良い転職活動をおこなっていただくことができましたら幸いです。

 

 

 

 

薬剤師の転職について徹底解説>見出し一覧

 

1.薬剤師の転職、どうはじめたらいい?

 

>1-1.薬剤師の転職活動、最適なはじめ方

 

>1-2.少なくとも3つ~5つの転職紹介会社に登録した方が良い

 

>1-3.薬剤師の転職をするにあたって必ず心掛けておきたいこと

 

>1-4.まとめ>薬剤師の転職のはじめ方

 

 

2.薬剤師の転職 大きい3つの方法

 

>2-1.求人サイトから自分で探す方法

>>2-1-1.転職紹介会社の検索ページから探す

>>2-1-2.企業のホームページから直接募集要項をチェックする

>>2-1-3.ハローワークや地元の情報誌、折り込みチラシなどで探す

>>2-1-4.費用が割安な求人方法はどんなもの?

>>2-1-5.掘り出しものが見つかる場合も

>>2-1-6.まとめ>求人サイトから自分で探す方法

 

>2-2.転職紹介会社に登録し紹介してもらう方法

>>2-2-1.転職紹介会社とは

>>2-2-2.専任のコンサルタントって何?

>>2-2-3.登録費用や手数料はかかるの?

>>2-2-4.転職紹介会社はどうやって収入を得ているの?

>>2-2-5.転職紹介会社への登録から案件紹介までの流れ

>>2-2-6.案件紹介から応募まで

>>2-2-7.条件面の交渉を最後までサポート

>>2-2-8.まとめ>転職紹介会社に登録し紹介してもらう方法

 

>2-3.知人に紹介してもらう方法

>>2-3-1.知人からの紹介のいろいろ

>>2-3-2.知人の友人からの紹介

>>2-3-3.関係者からの紹介

>>2-3-4.欠員補充待ちパターン

>>2-3-5.転職紹介会社を紹介

>>2-3-6.まとめ>知人からの紹介

 

 

3.おすすめの薬剤師の転職方法について

 

>3-1.今の会社の嫌なところを書き出してみる

 

>3-2.今の会社の良いところを書き出してみる

 

>3-3.嫌なところ、良いところとしっかり向き合う大切さについて

 

>3-4.しっかりと考え抜いた先には必ず理想の職場がある

 

>3-5.まとめ>おすすめの薬剤師転職方法について

 

 

4.薬剤師の求人サイトを使った転職について

 

>4-1.薬剤師求人検索サイトの正しい使い方

 

>4-2.求人サイト別に比較してみよう

 

>4-3.気になる求人案件にはどうやって応募するの?

 

>4-4.まとめ>薬剤師の求人サイトを使った転職について

 

 

5.求人サイトを使った転職の注意点

 

>5-1.まず押さえておきたい注意点

 

>5-2.好条件の求人案件は早い者勝ち。明日にはなくなっているかもしれない

 

>5-3.日々新しい情報に更新されているとは限らない

 

>5-4.希望条件に合った転職サイトを探す

 

>5-5.ブラック企業は求人案件を見ているだけでは見抜けない

 

>5-6.まとめ>求人サイトを使った転職についての注意点

 

 

6.求人サイトを使った転職での成功の秘訣

 

>6-1.求人サイトを使った転職を絶対に成功させるための3つの秘訣

>>6-1-1.希望条件に合った求人サイトを利用する

>>6-1-2.良い担当者に巡り合う

>>6-1-3.転職先の本当の姿を聞き出す

 

>6-2.実際に求人サイトを使った方の成功体験談・失敗体験談
>>6-2-1.成功体験談

>>6-2-2.失敗体験談

 

>6-3.まとめ>求人サイトを使った転職での成功の秘訣

 

 

7.求人サイトを使った転職でのメリットとデメリット

 

>7-1.求人サイトを利用するメリット

>7-2.求人サイトの知っておきたいデメリット

>>7-3.まとめ>求人サイトを使った転職でのメリットとデメリット



8.転職紹介会社を使った薬剤師の転職について

>8-1.転職紹介会社の登録から紹介パターンまで

>>8-1-1.まずは薬剤師専用の転職紹介会社のサイトに登録する

>>8-1-2.転職紹介会社の登録から紹介パターンまで

 

>8-2.案件紹介

>>8-2-1.20社ほどの案件を一気に紹介してくれる

>>8-2-2.3社ほどの案件をピンポイントで紹介してくれる

>>8-2-3.1社のみ紹介してくれるだけで、連絡が途絶える

>>8-2-4.まったく紹介してくれない

 

>8-3.応募から面接、内定まで

 

>8-4.まとめ>転職紹介会社の登録から紹介パターンまで

 

 

9.転職紹介会社を使った薬剤師転職の注意点

 

>9-1.転職紹介会社に登録する際の注意点

>>9-1-1.複数の転職紹介会社に登録しておけばホントに大丈夫?

>>9-1-2.登録するタイミングには要注意!!

 

>9-2.1社目に最初に紹介された案件にすぐには決めてしまわないこと

 

>9-3.転職紹介会社の担当者の性格や質には要注意!

 

>9-4.転職紹介会社を使った薬剤師転職の注意点>まとめ

 

 

10.転職紹介会社を使った薬剤師転職の成功の秘訣

 

>10-1.絶対に譲れない条件と妥協できるポイントを事前に考えておく

>>10-1-1.これだけは譲れないという条件は絶対にブレないようにすること

>>10-1-2.逆に妥協できるポイントを持っておくこと

 

>10-2.入社してからの数年後~数十年後のシミュレーションをしておくこと

 

>10-3.担当者との面談の出来によって、紹介される案件は劇的に変わる

 

>10-4.転職紹介会社を使った薬剤師転職の成功の秘訣>まとめ

 

 

11.転職紹介会社を使った薬剤師転職のメリットとデメリット

 

>11-1.転職紹介会社を使うメリット

>>11-1-1.専任のコンサルタントが付いてくれる

>>11-1-2.就業中であっても転職活動ができる

>>11-1-3.業界の動向や企業の詳細情報について聞くことができる

>>11-1-4.より良い条件での転職が可能

>>11-1-5.履歴書や職務経歴書のチェックや面接のアドバイスをくれる

 

>11-2.転職紹介会社のデメリット

>>11-2-1.時間の無駄になることもある

>>11-2-2.希望の職場が探せないこともある

>>11-2-3.担当者によって質がバラバラ

 

>11-3.より良い転職活動をおこなうために大切にしたいこと

 

>11-4.転職紹介会社を使った薬剤師転職のメリットとデメリット>まとめ


 

↓↓大手比較サイトが集合↓↓
ranking

おすすめコンテンツ