抑えておきたい薬剤師で転職するときの重要ポイント

ガッツポーズをする女性

薬剤師としてのスキルアップやキャリアアップを実現するならば、転職も1つの手段です。満足いく転職を成功させるために、ぜひ押さえておきたいポイントがあります。転職に求められるスキルやタイミングについてご紹介します。

コミュニケーション能力が大事なのは他の職種とも同じ!

子どもの患者に手を振る薬剤師薬剤師の仕事は単に調剤するだけでなく、薬を服用する人に対して服薬指導をするという重要な役割があります。時間がなくて急いでいる人や、他の薬を服用している人、初めての症状に不安を抱いている人など、様々なタイプの患者が訪れるのが薬局です。そのため各々がどのようなニーズを抱いているかを汲み取り、説明時間の調整や服用時の注意の伝え方を工夫するといった、適切なコミュニケーションができる薬剤師が求められています。患者から話しかけられたり指名されたりするようになれば、患者との信頼関係が構築できるとともに職場での評価も上がるでしょう。コミュニケーション能力は、ぜひ身につけておきたいスキルです。

どのタイミングで転職するのが良い?どのくらい前に今の職場に伝える?

電話をしている薬剤師現在の職場に退職の旨を伝えるタイミングは、転職先で業務を開始する2〜3カ月前が目安です。早く伝えすぎると退職までの日々でお互い接し方に困る可能性があり、遅すぎると業務の引き継ぎや人員の補充が間に合わなくなってしまいます。したがって転職活動も逆算して考え、現時点から2〜3カ月以降に業務を開始できる所を探すことがポイントです。「急募」という求人の場合、合格とともにすぐ業務開始を求められてしまうことがあるため、よく確認しておきましょう。転職活動をする暇がない、引き継ぎ業務が多すぎるなど、現在の職場の状況によっては、一旦退職してしまってから腰を据えて転職活動をするなど、フレキシブルな判断をすることも円満退職のコツです。

薬剤師ならではのスキルやコツは?

話を聞いてメモするサプリメントアドバイザー薬剤師キャリアアップのための手段として資格の取得がありますが、職場によってはさほど評価や年収アップにつながらないことがあります。しかし、薬局がサプリメントを取り扱っているため「サプリメントアドバイザー」を取得する、外国人が多い地域のため英会話を習得するなど、即戦力になるような資格や能力は歓迎される傾向にあります。また、店舗運営のためのマネジメントスキルや、人間関係の調整スキルがあれば、現場に欠かせない存在として重宝されるでしょう。特定の科目の専門知識だけでなく、医薬品に関わる総合的な知識を有していることも、転職で評価されるスキルです。

↓↓大手比較サイトが集合↓↓
ranking

おすすめコンテンツ