薬剤師の給料事情 – 役職で異なる年収と月収

人気の高い職業といえば薬剤師!?皆が憧れる理由とは?

女性の転職・復職を応援してくれる、薬剤師の世界

薬剤師になったらモテるの!?彼氏や彼女にしたい相手の職業

大きい3つの薬剤師転職方法

おすすめの薬剤師転職方法について

神奈川県での薬剤師の転職・求人情報

北海道での薬剤師の転職・求人情報

愛知県での薬剤師の転職・求人情報

薬剤師転職コラム
コラム

転職のコツ

転職を考える薬剤師
薬剤師として転職をお考えの方、自分で求人を探していて困ったことはありませんか? そんな時は転職サイトのご利用がおすすめです。無料登録するほとんどのサイトで専任のコンサルタント が担当に付き、求人の用意から転職までの様々なサポートをしてくれます。 正社員だけでなくパートやアルバイト、派遣、調剤薬局や病院の求人まで、様々なジャンルから探すこと ができます。時短勤務やブランクOKの職場もあるので、ママ薬剤師主婦の方でも安心です。 当サイトではそれぞれのサイトの特徴おすすめポイントを紹介しています。 よく比較してよく考えて、自分に合った最良の転職を目指しましょう!
複数登録して笑顔の転職したい薬剤師 薬剤師転職サイトに登録する時は「複数登録」が基本!2社、できれば3社は登録しましょう。
出来るだけ希望に合った求人を見つけるため、少しの求人より多くの求人から一番良いものを選ぶ方が良いことは明らかです。それぞれの転職サイトにしかない非公開求人は、公開求人よりも高収入人気の求人が多く取り揃えられています。 登録してはじめて見られる非公開求人、希望通りの転職を叶えるために3つ以上登録して賢く転職活動をしましょう。

オススメ薬剤師転職サイト

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

チェック地方や地域の求人に強い

チェック利用者満足度5年連続No1

チェック薬事事情に詳しい

マイナビ薬剤師
詳細はこちら

薬キャリ

m3.com(薬キャリ)

チェック業界トップクラスの求人数

チェック最短即日すぐにも職場環境を変えたい

チェック転職登録希望者数No1

薬キャリ
詳細はこちら

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

チェック交渉に強いコンサルタント

チェック実際に職場を訪問して情報収集

チェック日本調剤グループならではのサポートあり

ファルマスタッフ
詳細はこちら

薬剤師転職とは?

転職の理由は、環境改善、スキルアップ、年収アップ、勤務条件など様々人それぞれです。現状の職場の悩みから、どのように転職を始めてよいのかわからない方も多くいらっしゃるかと思います。

薬剤師の転職といってもその方法は様々です。
大きくは3つあります。
求人サイトや求人情報を探して自分で見つける、
転職紹介会社を利用し自分の希望に合った求人を紹介してもらうか
あとは、知人に紹介してもらうかです。

それぞれメリット、デメリットがあります。
転職活動にたいしてどれだけ時間を取って求人情報が探せるか?職場環境の情報収集が可能か?又条件交渉がどれだけできるか?という視点から一番自分に合った方法を考えることが重要です。

当サイトでは、その中でも転職紹介会社がどのようなサービスかをご紹介しております。自分で探したり、交渉したりする手間は取れない。一番自分の要望を満たしてくれる求人が知りたい。他の薬剤師さんの転職環境はどうなのか知りたい。
そんな方はぜひ転職紹介会社を登録することをお勧めしております。

薬剤師転職とは?その方法を徹底解説
オススメ!
転職成功への道!


1.薬剤師専門求人・転職サイトと言っても様々…

薬剤師専門求人・転職サイトと言っても様々です。なので後先考えずに気の向くまま登録なんてせず、まずは自分にとって絶対に譲れない条件 (正社員希望・派遣希望・年収・職場の雰囲気・人間関係・駅近・託児所が近いなど、多少無理難題でも全然OKです)を考えておきましょう。

2.働く条件が固まったら…

働く条件が固まったら、当サイトでも掲載している薬剤師専門求人・転職サイトをよく閲覧して情報収集をしましょう。
人にはそれぞれ個性があるように、薬剤師専門求人・転職サイトにもそれぞれの個性や特徴がありますので自分に合った薬剤師専門求人・転職サイトを見つけましょう。

3.自分に合った薬剤師専門求人・転職サイトが見つかった…

自分に合った薬剤師専門求人・転職サイトが見つかったならば、最低でも上位3社ぐらいまでの順位付けをしておくのをおすすめ致します。また上位3社が決まったならば、1位・2位・3位の3つとも登録しましょう。
登録は無料なので余計はお金はかかりませんし薬剤師専門求人・転職サイトによって保有している情報は様々ですので、登録しないと開示してもらえない隠れ求人を持っている薬剤師専門求人・転職サイトも多数ございます。
従って最低でも3サイトぐらいは登録したほうが自分に合った転職先を探してもらえる確実性が増しますのでおすすめです。

4.コンサルタントと職探しスタート

登録後、専任のコンサルタントと面談するもよし、電話で話をするだけでもよし、ただ最初に決めた条件だけは必ず話をして理解をしてもらうように心がけましょう。薬剤師の転職で最も重要なのはコンサルタントの人でも電話応対してくれた担当者でも自分の譲れない条件をどこまで理解してもらえているかどうかです。
自分に合った就職先・転職先を見つけてもらえるかどうかは実際、ここで90%程度決まります。
それができていれば、自分でも驚くくらいに早く、希望にあった就職先・転職先を探してもらえることでしょう。3大ポイント

2018年 12月14日

  • マイナビ薬剤師

    マイナビ薬剤師

    利用者満足度No.1
    転職業界の最大手「マイナビ」が運営

    求人数  42,779

  • 薬キャリ (エムスリー m3)

    薬キャリ (エムスリー m3)

    登録者数No.1
    まず最初に押さえておきたい薬剤師転職の王道サイト

    求人数  48,315

  • ファルマスタッフ

    ファルマスタッフ

    高いリサーチ力が評判
    日本調剤グループが運営する薬剤師専門の転職サイト

    求人数  50,857

  • ファーマキャリア

    ファーマキャリア

    あなたの理想にぴったりのオーダーメイド式
    条件アップを希望する人におすすめ

    求人数  10,000

病院への薬剤師転職について

病院薬剤師は薬が関連する多くの業務に携わっており、医薬品情報業務(DI業務)/薬品管理業務/製剤業務/治験業務/その他にも病院内での感染防止なども含まれます。また、医師や看護師と共に患者の症状の経過を見ながらはもちろんのこと、顔を合わせた上で人間味のある調剤をする事が出来る点が魅力となっています。

「病棟薬剤師」という病棟に特化して働く薬剤師も増えており、病棟薬剤師は各病棟で薬の飲み残しの確認や適正に使用を促進させます。病棟薬剤師は病院薬剤師の中でも特に患者の方との接点が多いため、人気がある業種となっています。

また、新しい薬剤に早く触れる事ができるため、がん専門/精神科専門/妊婦授乳婦専門薬剤師/感染制御専門などの専門科目の病院では、専門科目での最新知識や技能の知識向上が見込めます。

薬剤師の病院への転職。そのメリット・デメリットとおすすめのサイトは?


調剤薬局への薬剤師転職について

調剤薬局での薬剤師のお仕事は、主に「調剤業務」「服薬指導」「薬歴管理」となります。また、今後も社会の高齢化が進むにつれ、在宅医療への取り組みが広がっていくであろうと考えられており、調剤薬局薬剤師の需要も年々高まりをいせています。

転職求人の状況に関しては、常勤薬剤師だけではなく、若い年齢層への管理薬剤師求人や、未経験でも研修が充実しているからこそ可能になった求人も出ています。高年収600万円以上等の求人も出ており、対象幅が広い多くの求人募集が出ています。

また、今後在宅医療での需要が高まっていくことを見据えると、新しいことにチャレンジしたい薬剤師にとってはチャンスが広がっていると考えて良いでしょう。

薬剤師の調剤薬局への転職。そのメリット・デメリットとおすすめのサイトは?


ドラッグストアへの薬剤師転職について

ドラッグストア薬剤師は主に、調剤業務のみ/OTC販売のみ/調剤業務+OTC販売を行いますが、業務の幅は多岐に渡ります。最近では調剤室を併設したドラッグストアも増えており、調剤室が併設されている店舗では調剤薬局と同様の仕事を行います。また、社会の高齢化の動きに合わせ、在宅医療に力を入れるドラッグストアも増えてきており、ドラッグストアでも幅広い薬剤師としての経験と知識を得ることが可能になっています。

OTC販売では、お客様の症状やニーズを聞いた上で最適な商品を案内した上で、適正使用のアドバイスをするなどのコミュニケーション能力が非常に重要になります。また、ドラッグストアの店舗では多種多様な生活雑貨なども販売されているため、これらの商品についての管理も行わなければなりません。店舗の経営を支えるために取り組んでいくことが、ドラッグストア薬剤師の重要な職務となっています。

薬剤師の調剤薬局への転職。そのメリット・デメリットとおすすめのサイトは?


薬剤師派遣について

薬剤師派遣での勤務先は主に病院やクリニックでの医療機関や調剤薬局となります。最近では調剤室を併設した上で調剤を行えるドラッグストアも増えているため、勤務先の幅は大きく広がりを見せています。

主な業務内容としては、処方箋に従った上での調剤や製剤です。調剤や製剤以外では、窓口での服薬指導や、ドラッグストア勤務の場合ではOTC販売を担当することもあります。

現在、薬剤師の数が調剤施設の数に比べて不足しているため、薬剤師の需要は非常に高まっています。女性の場合、出産や育児で長いブランク期間が発生した場合でも都合に合わせた上で積極的に雇用してくれるケースも多く、こだわりの条件で勤務先を探すことが可能となっています。

薬剤師派遣ってどうなの?パートとどっちが良い?

薬剤師転職サイトに登録する時は複数登録が基本!2社、できれば3社は登録しましょう。
これには2つの理由があります。

薬剤師の転職で重要なのは、出来るだけ希望に合った求人を見つけること。それには、やはり多くの求人を紹介してもらうことが大事です。少しの求人の中から選ぶよりも、多くの求人の中から一番良いものを選ぶ方が良いことは明らかです。さらに、薬剤師転職サイトはそれぞれのサイトにしかない非公開求人があります。非公開求人は、公開されている求人よりも高収入だったり、人気の求人が多く取り揃えられています。これらは登録することではじめて紹介してもらえるので、登録しなければ損なのです。

大抵の薬剤師転職サイトは登録すると専任のコンサルタントが付いてきます。コンサルタントは転職までをサポートしてくれる強い味方。このコンサルタントとの相性が転職活動を左右すると言っても過言ではありません。一つにサイトにしか登録しないと、そのコンサルタントが相性の良い人なのかどうかが分かりません。コンサルタントの言いなりになって希望と違う求人を選んでしまうことも。それを防ぐためにも複数登録をして、自分に合ったコンサルタントを見つけましょう。

オススメ薬剤師転職サイト一覧

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師
公開求人数調剤ドラッグストア病院企業
42,77928,37912,2632,04793
非公開求人数対応エリア常勤非常勤派遣
全国×

マイナビ薬剤師について

1.利用者満足度5年連続№1

2.地方や地域の求人に強い

3.コンサルタントが面接に同行

4.徹底の現場取材「薬剤師の職場カルテ」

薬キャリ (エムスリー m3)

薬キャリ
公開求人数調剤ドラッグストア病院企業
48,31538,4585,5933,651493
非公開求人数対応エリア常勤非常勤派遣
全国

薬キャリ (エムスリー m3)について

1.業界トップクラス。40,000件以上の紹介求人数

2.就職・転職がスピーディ。最短即日紹介もあり

3.転職活動をサポートしてくれるエージェントが付く

4.正社員、アルバイト、派遣紹介、あらゆる条件で探せる

ファルマスタッフ

公開求人数調剤ドラッグストア病院企業
50,85741,6196,8022,02583
非公開求人数対応エリア常勤非常勤派遣
全国

ファルマスタッフについて

1.サイト登録者と必ず直接面談する

2.職場の雰囲気も教えてもらえる

3.派遣薬剤師の求人が豊富

4.交渉に強い専任コンサルタント

ファーマキャリア

ファーマキャリアキャプチャ画像 PC用
公開求人数調剤ドラッグストア病院企業
10,000
非公開求人数対応エリア常勤非常勤派遣
全国×

ファーマキャリアについて

1.希望を元につくるオーダーメイド求人

2.少数精鋭のコンサルタント

3.転職者の人数をあえて絞って対応

4.条件アップを約束

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師
公開求人数調剤ドラッグストア病院企業
40,45127,81510,1682,00980
非公開求人数対応エリア常勤非常勤派遣
多数全国×

リクナビ薬剤師について

1.総求人数35,000件以上!75%が非公開求人

2.転職まで最短3日とスピーディ

3.年収600万円以上の大手優良求人多数

4.キャリアアドバイザーのサポートが充実

薬剤師の転職どうぶつ診断

おすすめコンテンツ